ネパールデリバリー

ネパールグルメアンバサダー。世界最貧国ネパールの『美味しいもの』を食べ歩いています。観光から長期滞在の方まで役立つよう、多くの人で賑わうタメルのグルメを中心にご紹介します。『地球の歩き方』に載ってないような、ディープな情報も共有しています。

ダルスープが飛び抜けて美味いダルバート【ニルギリ】

「日本人は絶対知らないめちゃくちゃ美味いダルバートを紹介してほしい」

そんな無茶振りとも取れる要望に、爽やかな笑顔で答えてくれるネパール人の友人が連れてきてくれたのはココ。【ニルギリ】というお店で、タカリ一族が経営しているネパール料理屋だ。外見は一見ホテルのように見えるこのお店、平日のお昼時に訪問した際は外国人は全然いなく、ネパール人のちょっとお金持ちの層の人で賑わっていた。店内も上品な造りで、スタッフも笑顔で対応してくれる。

 

現地人も褒めるほどのダルバートとは

ダルバートはベジとノンベジが選べ、ノンベジのなかでまたチキン、マトンを選ぶ。マトンの方が料金は高いのだが、ネパールのマトンカレーはなかなかに美味い。そして、味が複雑性を含んでおり、なんだか「地球を食べている」という感覚が味わえる。どの店のマトンも同じではなく、各店で様々な表情を見せてくれるマトン。今回もそんな複雑性マニアの選ぶダルバートとは当然マトン。

美しいダルバート

f:id:manjinote:20180131080557j:plain

バランスよく、綺麗にタルカリとアチャールが並べられている。これを見ただけで、この店のダルバートへの熱い気持ち、真摯な気持ち、美への高い意識が感じられる。

f:id:manjinote:20180131080619j:plain

カトマンズで一番美味いダルスープ

このダルバートの一番の目玉は、マトンでもタルカリでも、ご飯でもアチャールでもない。いつもは脇役でしかない、引き立て役でしかない、黒子でしかない「ダルスープ」。しかし、なめてはいけない。席を同じくしていたネパール人も太鼓判を押すこのダルスープ、一見普通に見える。いつものように、ご飯にかける前に一口すすると、舌の感覚が研ぎ澄まされた。のんびり横になってリラックスしていた舌の神経が、「火事だ」とばかりに飛び起きる。粘度がある程度あり、舌の上で上品な舞を披露してくれ、スッと舞台袖へはけていく。ご飯にかけるのがおしい程。スープだけでもう一口、もう一口と…どんどんご飯にかけるスープがなくなっていく。

f:id:manjinote:20180131080809j:plain

マトンカレー

ここのマトンも妖艶さを漂わせている。スープを一口すすると、しっかりとした味付けに塩味が効いている。マトンは弾力がありつつ、サクっとしており、複雑な味のパンチをどんどん放ってくる。それをご飯でガードしながら耐える。予測できない手数の多いパンチに耐えるために、どんどん白飯が減っていく。カケラごとに味が違うのもマトンの面白いところで、肉の部位ごとに、脂分や弾力、含む味、旨味が様々で、単調になりがちなダルバートに、刺激的な変化を持続的に与えてくれる。

f:id:manjinote:20180131080746j:plain

ジャガイモのタルカリ

f:id:manjinote:20180131080704j:plain

魚のエスニックスープ

f:id:manjinote:20180131080725j:plain

バターたっぷりのご飯とパパル

f:id:manjinote:20180131080834j:plain

乾燥野菜のアチャール「グンドゥルック」

f:id:manjinote:20180131080854j:plain

チャプシー(ブドウと梅干しのMIXのような実)のアチャール

f:id:manjinote:20180131080641j:plain

ご飯も美味いが、そば粉を練った「ディロ」も美しく、そして美味い。もちろんお代わりも自由で、熱々で湯気の立ったディロの塊をサーブしてくれる。

f:id:manjinote:20180131080514j:plain

ディロの曲線美も好印象。

f:id:manjinote:20180131080532j:plain

 

アクセス

魅惑のダルスープのダルバートが食べられる【ニルギリ】はタメルから歩いて20分強のところにあります。バトバティーニという大きなデパートがちかくにあるので、そことセットで行くという手もありですね。