にゃますて

にゃますて!!ナマステ!!神々の国ネパールの首都カトマンズのグルメを中心にお届けします。



ネパール・サンドウィッチ戦争勃発...?!?!【サンドウィッチ・ポイント】

 

Cat

 

 

かの19世紀に起こった戦争(グルカ戦争)以来、、、ネパールの人たちは「もう争わない」と決めたのではないのか?

長きにわたったネパールの内戦(ネパール内戦)を経験して、、、ネパールの人たちは「本当の正義」とは「真の平和」とは、考え直したのではないのか?

 

2018年、現在、再び、人による争いが起こっている,,,

ネパール・サンドウィッチ戦争

2018年 タメルにてサンドウィッチ戦争が勃発

タメルのナーシンチョーク(通称タメルチョーク)から半径10メートル以内にサンドウィッチ屋さんが乱立!!

f:id:chof0425:20180201181447j:plain

 そして歩いて10秒先に・・・ 

f:id:chof0425:20180201181231j:plain

 さらに10秒歩くと

f:id:chof0425:20180201181514j:plain

 そして反対側に・・・ 

f:id:chof0425:20180201181600j:plain

 ここもまでも!!!

 

今、タメル地区では新しくサンドウィッチ屋さんが乱立し、しのぎを削っているのです!

この写真の4件を歩くだけでも、30秒もかかりません。

他にもパン屋さんの中にもサンドウィッチがあり、レストランの中にもサンドウィッチメニューが必ずあり、ことサンドウィッチに関してはこのネパールでは生存競争をかけた、まさにサンドウィッチ戦争が勃発しています!!

 「ネパール料理で一番美味しいのってサンドウィッチでしょ」

友人がネパールに遊びに来たときに、朝食でサンドウィッチを食べたら

「こんな美味しいサンドウィッチを食べたことがない!」

と言って、ネパールにいる間、毎朝サンドウィッチを食べていました。

 

たまに彼と連絡をとるのですが、

「ネパールにまた行きたい!あの店のサンドウィッチが食べたい!!」

と言ってくるんです。笑

彼の中では「ネパール料理はサンドウィッチだ」というまでにしたサンドウィッチ屋さんがネパールにはるんです。

サンドウィッチ・ポイント

群雄割拠しているタメル・サンドウィッチ戦争の中、一つ頭抜きん出ている店が

サンドウィッチ・ポイント

 このサンドウィッチ・ポイントは入れ替わりの激しいタメルのお店の中で30年残り続け、今はパタンのラビンモールにも支店を出すほどの人気店。

ネパール人に聞いてもサンドウィッチと言えばサンドウィッチ・ポイントというように

名実共に他店より抜きん出ているんです。

f:id:chof0425:20180202150919j:plain

  

f:id:chof0425:20180201195728j:plain

メニューはこんな感じです。

・ツナ

・サラミ

・ハム

・チキン・グリル

・チキン・BBQ

・スモークチキン

・ベーコン

・チョコレート

・ゆで卵・オムレツ

ベジタリアン用に

・マッシュルーム

・チーズ・クリームチーズ

・サラダ

他にもハンバーガーやホットドック。

サイドメニューでフライドポテトやオニオンリングもあります。

f:id:chof0425:20180201195811j:plain

f:id:chof0425:20180201195815j:plain

f:id:chof0425:20180201195736j:plain

これはスモールサイズのベーコンです。

友達曰く、スモールサイズのベーコンが一番だそうです。

ネパール最終日、ベーコンが切れていて友達は泣きそうになっていました。笑

f:id:chof0425:20180201204507j:plain

オーダーしたものはパンもしっかり温めてくれるんですよね。

他のお店は電子レンジで温めることが多い中で、ちゃんとグリルして温めてくれるので、旨味が凝縮します。

f:id:chof0425:20180202151119j:plain

そして、サンドウィッチ・ポイントのうまさの秘訣は

この白いソース。

サワーソースのような酸味のマヨネーズソースをパンの両面に

これでもかと塗ってくれます。

サイズは4種類

f:id:chof0425:20180201181420j:plain

 サイズは4種類あります。

上からXL-350ルピー(約380円)

     L-240ルピー(約270円)

     M-170ルピー(約190円)

     S-150ルピー(約160円)

サイズはSでお腹いっぱいになる十分な大きさです。

SサイズとMサイズは、形が変わるらいで、量的にはそこまで変わりありません。

友人曰く、「円形のSサイズの方が、熱が中心にこもりやすく、旨味としてはMサイズより断然増す」とのこと。

科学的な証拠は何もないのですが、確かに、Sサイズの方が美味しく感じるんです。

 

Lサイズはお腹ペコペコな人向けです。写真ではわかりづらいのですが、

パンの厚みも違うので、LサイズはMサイズの2倍くらいあると思ってください。

 

そして、XLサイズ

f:id:chof0425:20180201181638j:plain

一人では食べきれないであろうこの量

Mサイズのなんと3倍の量があります!!

 

このサイズを一体誰が食べるんだ?と思うんですが、

f:id:chof0425:20180202151732j:plain

f:id:chof0425:20180202151020j:plain

サンドウィッチ・ポイントのXLサイズはこうやって二人して分けて食べるんです。もしくは3人で分けてもいいかもしれません。

Mサイズの3倍あるXLサイズ、350ルピーを二つに分けると

一人175ルピーでMサイズの1.5倍食べられます!!

Mサイズが170ルピーなので、だいぶお得なんです。

 

ネパールの学生などはサンドウィッチ・ポイントでXLサイズを頼んで、みんなで分けて食べているんです。

分けあって食べると「美味しかった」や「また食べに来ようぜ」など会話も弾みます。そうやって味以外の部分でもお店のいいイメージを残せます。だから、たくさんのお客さんをリピーターにさせるんでしょうね。

戦争と平和と美味しさと

このネパール・サンドウィッチ戦争

現段階、優位なポジションを取っているのがサンドウィッチ・ポイント。

味よし、知名度よし、、、

そして、サンドウィッチ・ポイントのXLサイズのサンドウィッチを二人で分ければ、
Mサイズの1.5倍が二人で食べれることができる。二人してお腹いっぱいになることができる。

さらにトッピングもしてみましょう!XLサイズの量のトッピングなので、Mサイズでトッピングするより、断然お得なんです!

このように誰かと一緒に食べればもっと安く、もっと美味しく食べられるんです。 

一緒に食べることで、相手だけが美味しい思いをするのではありません。

自分の食べる量も増えるのです。

 

ここで皆様に伝えたいことがあるんです。

 

・・・この「一緒に食べよう」という思想に本当の平和が隠れているんじゃないのでしょうか?

自分が欲しいものばかりに目が行くのではなくて

隣にいる人と美味しいものを分かち合いませんか?

 

自分一人で食べるよりも、誰かと食べ物をシェアした方が美味しいです。

美味しいものを分かち合いたいを食べたいと思う人全員が持てば

より美味しく、より安く、皆がより笑顔になる。

 

一緒に食べようよ!

この一言だけでも隣の人に言うことができれば、

それが難しければ、もしくは人間の心の中に思うだけでもあれば

人は幸せになれると思うのです。

 

タメルのサンドウィッチ屋さんは戦争状態が続いています。

お互いの店がしのぎを削って、自分の利のために争いあっています。

 

もっと大きく見てみましょう。

インドとネパールはネパールの震災後、国交を封鎖したりなど、仲が悪い状態が続いています。

ネパールだけではありません。

今、世界中でも戦争や内戦が続いています。 

 

ただ、その争いの最中、人の心の中に、

「隣の人と分かち合おうよ」

そのような心を持つことができれば

世界はちょっとだけでも変わるのではないでしょうか?

食べ物を分かち合うでもいいですし、自分の思いを分かち合うだけでも大切なことです。

大事なことは、

自分だけはなく、隣の人、目の前の人、共に生きていることを理解し、皆が共存して、良くなると思い続けること。

 

シェアして食べているサンドウィッチポイントのXLサイズを見て

この思想をサンドウィッチを通して私たちに伝えたいのではないのか?と思いました。

サンドウィッチから、世の中の問題を解決させるための、

そして、人として大事にことを、味合うことができます。

読者の方へ

これを読んでサンドウィッチから話が飛躍すぎだよ、と思われたかと。

確かにそうです。無理やりこじつけ過ぎているところもあるかもしれません。

ですが、今、大事なことって

皆が意識を持つことだと思うんです。

たかがサンドウィッチかもしれませんが、

もし、この記事を読んで、ネパールに行って

サンドウィッチを見たときに

心の片隅だけでも

 

「美味しいものを皆で分かち合おうよ」

 

・・・思い出してください。

f:id:chof0425:20180201195732j:plain

この写真の子が食べているように、

 

世界中の人たちが、美味しいものをみんなで分け合える、

 

そんな世界が来ますように。

 

アクセス