ネパールデリバリー

ネパールグルメアンバサダー。世界最貧国ネパールの『美味しいもの』を食べ歩いています。観光から長期滞在の方まで役立つよう、多くの人で賑わうタメルのグルメを中心にご紹介します。『地球の歩き方』に載ってないような、ディープな情報も共有しています。

ネパールの高級美容室はあったかい雰囲気でした。

f:id:manjinote:20180201202211j:plain


ネパールの長期滞在で少し困るのが、髪をどこできるか?ということです。過去2回は、近所にある爆音でヒンドゥーミュージックがかかっている、激安理髪店にお世話になりました。ネパールの理髪店は100円くらいですんごく安かったり、スタッフの兄ちゃんにあーだこーだと注文したりして、良い意味で気取らずに行けるというメリットがあります。しかし、やっぱりネパールの美容室にも行きたいというので、探していたわけですが、ネパール人の友達が言うには、【カトマンズモール】に行けば、お洒落な美容室と出会える、とのことでした。

なんだかお祭りな雰囲気

じっさいにカトマンズモールの中はどうなっているのか?とにかく、美容室だらけ。建物の1フロアに何軒もあり、モールの中だけで15件もあるようです。初めてということもあり、玄関先に行ってはモデル写真を見せてもらって、本当にここでいいのか?という内なる声のせいでなかなか店を決めれませんでした。

 

f:id:manjinote:20180201202300j:plain

4階に明らかに明るく賑やかな雰囲気のお店がありました。店の名前も見えないくらい、店の入り口に風船や飾りなどが取り付けられており、ハレの日感を漂わせているのでした。店内にも風船が、やっぱりお祭り気分です。早速入って見ました。

 

 値段を聞こうと、一番それらしき風格のあるおばちゃんに近づいていくと、店内にいた20人くらいの人間がこっちを一斉に向き、興味津々の態度を見せてきました。店主らしきおばちゃんは、ニコッと笑い僕にとにかく座ることを進めて、ソファに腰掛けました。

f:id:manjinote:20180201202227j:plain

 ソファには家族連れの団体がいて、可愛い子供達がいました。今日は、祝日で学校もなかったようで、2人で楽しく遊んでいました。エネルギーが有り余ってるようで、店内をグルグルグルグル追っかけあいっこをしていました。祝日ということで、こんなに祝ってるのか、なんか宗教的なイベントなのかなーと思いましたが。それにしても風船で祝うなんてことがあるのかなと、少し疑問に思い風船のことも聞いて見ました。

すると、僕の質問がおかしかったらしく、みんながブワーっとわらってしまいました。どうしていいかわからず、僕笑いました。おばちゃんは、笑いをこらえながらゆっくりと、今日はこのお店のオープンの日なのだということを教えてくれました。たしかに、いきなり入ってきた日本人が、風船で祝っていることと宗教のなものを関係させて質問してきたら意表をつかれてしまうでしょう。ただ、オープンしただけなのにね、って。

f:id:manjinote:20180201202244j:plain

おばちゃんは、甘そうなお菓子とクッキーを半ば強引に渡してきて、僕もオープンを祝う雰囲気に巻き込まれてしまいました。でも、それがなかなか良かったです。というのは、そこに来ていた人たちは友達や親戚の集まりだったみたいでみんなが変な日本人に優しくしてくれたのでした。髪を切りに来たことを伝えたは伝えたのですが、話が盛り上がりすぎて、全然切ってくれないわけです。もう、今日は切らなくても良いかなー、もう話倒してしまえと気持ちを切り替えて1時間。夕方に差し掛かり、主婦が3人帰宅するとのことでやっと、雰囲気が変わり、さああんたの番だということで切ってもらいました。

f:id:manjinote:20180201202235j:plain

結果、友達が20人くらい増えて、髪もサッパリ、オープンサービスで350円ぽっきりでした。そんなネパールの高級美容室デビューでした。高級美容室、少しだけ気に入りました。少しだけ。