ネパールデリバリー

ネパールグルメアンバサダー。世界最貧国ネパールの『美味しいもの』を食べ歩いています。観光から長期滞在の方まで役立つよう、多くの人で賑わうタメルのグルメを中心にご紹介します。『地球の歩き方』に載ってないような、ディープな情報も共有しています。

第2回ネパール語検定(+第1回のレビュー)

ネパール語検定

f:id:manjinote:20180116013657p:plain

ネパール語検定とは、1600万人*が使う言葉を学べる、人気の検定試験です。

 

ネパール語検定では、ネパールの生活やネパールの留学生とのコミュニケーションに欠かすことのできない言葉を習得することを目的とした試験です。基本単語から日常会話まで、問題をときながら知識を深められるよう工夫されています。

 

自分の語彙力を把握できるだけでなく、ネパールでの会話や、日本でのバイト先などで留学生と楽しい会話・コミュニケーションをするなど、幅広く活用できることも人気の理由です。

 

*ネパール語 - Wikipediaから推定

第2回「ネ検」を受験する

goo.gl

「#ネ検」をつけて結果をツイートしよう!!

#ネ検 - Twitter Search

f:id:manjinote:20180115042557p:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

第1回ネパール語検定のレビュー

(*未受験の方はこちらからどうぞ 第1回「ネパール語検定」を受験する )

前回の検定、受験ありがとうございました。受験者の得点の概要と共に、受験者がよく間違っている問題について説明したいと思います。

概要

平均点は71.96点でした。

f:id:manjinote:20180122151426p:plain

誤答の多い問題について

バヤン(誤答率63%)

バヤンというのは「左」という意味です。

よく間違われやすいのはダヤン「左」という単語です。日本人が右と左をよく間違えるのと同じで、ネパール人も左右をよく間違えます。ここで、現地人も間違えそうな時によくやる解決法、間違えないコツをお教えします。

両手のそれぞれで「オッケー」のジェスチャーをしてみてください。

f:id:manjinote:20180122161515p:plain

自分から見て、

左手はアルファベットの「b」になるから、「bayan」なので、「バヤン」。

右手はアルファベットの「d」になるから、「dayan」なので、「ダヤン」。

エタ(誤答率61%)

エタというのは「こちら」という意味です。

逆の「あちら」はウタです。

質問形の「どちら」はです。質問形の単語はアルファベットの「K」から始まります。例えばン「どの」、ハン「どこ」、イレ「いつ」など。ですので、タ「どちら」というのは覚えやすいです。

では、エタとウタをどう覚えていくかということですが、まずはエタだけ覚えましょう。あとは消去法でウタは「あちら」だな、というように思い出せばいいと思います。エタというというのは「this」のような近いイメージを持つときに使われる音です。他にはスト「このように」、スマ「ここで」、スコ「ここの」。

よく街中で聞くフレーズも紹介しますのでそのまま使ってみるといいかもしれません。

『エタ、エタ、エタ、エタ』

こっちだよー、こっち、こっちー。

『エタ アウヌス』

こっちに来てください

『エタ?』「ホイナ、ウタ」

ここですか?違うよ、あっちだよ。

『カタ ジャネ?』

どこに行くんですか?

プルバ (誤答率58%)

東西南北の方角については、日常生活でも必須です。行きたいお店、行きたい街がどちらの方向にあるのか聞く場面などはよく現れます。

プルバについてはこう覚えてください。

『日本はプルバにある』

日本は東にある 

東の反対は西ですが、パッシムと言います。

ネパールの流行った曲に「♪プルバ  パッシム レイル」というのがあります。一回聞いたら「プルバ」が東で、「パッシム」が西ということを一生忘れることができません。東西に長細いネパールを横断する鉄道ということですかね。曲の中盤に連呼されます。また、この歌では数字の「1,2,3,4,5」と「2,3,4,5,6」というのを連呼する男の人も登場するので、数字がなかなか覚えられない人にもオススメですよ。

www.youtube.com

 

ちなみに僕は方角をこんな風に覚えました。

北『ネパールのウッタルには中国がある』

東『ネパールのプルバには日本がある』

南『ネパールのダッチンにはインドがある』

西『ネパールのパッシムにはヨーロッパがある』

マンガルバール(誤答率61%)

バールというのは「曜日」という意味です。曜日に関しても日常会話ではかなりでてきます。

ネパールは土曜日サニバールが週1回だけのお休みなので、金曜日のスックラバールは翌日が休日なので、学校や銀行も半日で終わったりして、夜はみんなで遊びに行ったりします。逆に仕事は日曜日アイタバールから始まるので、日本でいう月曜のような存在で彼らにとっては憂鬱な雰囲気を持っています。 

日 アイタバール(週初め)

月 ソンバール

火 マンガルバール

水 ブッダバール(覚え方;水曜日はブッダの日)

木 ビヒバール

金 スックラバール(半休)

土 サニバール(休日)

復習を終えたらもう一度チャレンジ

しっかり覚えたあとはもう一度チャレンジして100点取りましょう!!

goo.gl