ネパールデリバリー

ネパールグルメアンバサダー。世界最貧国ネパールの『美味しいもの』を食べ歩いています。観光から長期滞在の方まで役立つよう、多くの人で賑わうタメルのグルメを中心にご紹介します。『地球の歩き方』に載ってないような、ディープな情報も共有しています。

愛くるしいリスさんが戯れるネパリー庭園カフェ【Kaiser Cafe】

タメルの入り口にある【ガーデンオブドリームス】という通称『夢の庭』という庭園の中に併設されているカフェ【Kaiser Cafe】アクセスをご紹介します。

 

庭園とリス

このカフェの特徴は何と言ってもネパールでは珍しいキレイな庭園の中にあり、喧騒を少しかわして自然と共につかの間のゆっくりとした時間を過ごすことができることです。そして、運が良ければ庭園内で遊んでるリスたちの姿を見ることができます。

 

上空から「きっ、きっ、きっ」という鳴き声が

注文を終え、テラス席でゆったりとしていると頭上の方から、リズムのよい何かを叩くような音が聞こえてきました。「あれ、鳥でもいるのかな?」と上を見上げて見ると、そこには大きな大きなヤシの木がありました。木の根元から、ゆっくり視線を舐めるようにゆっくり注意深く観察しながら見上げて見ると、地上10メートル付近に小さな小動物がいました。止まっていましたが、大きな丸みを帯びた尻尾をみて、すぐにリスだとわかりました。

f:id:manjinote:20180102001824j:plain

 

お利口なリスさん

リスさんを見つけて、カメラを望遠レンズに変えている間にリスさんは、お利口でその場を動かずに待っていてくれました。撮られることを待ってくれる、いいやつです。

f:id:manjinote:20180102001849j:plain

 

こっちを見ている、か、可愛い

カメラを向けるとこっちを向きました。ずっとこっちを見ています。欲しがりな、いいやつです。

f:id:manjinote:20180102002202p:plain

 

夕日に当たって、綺麗

リスさんを見つけたのはちょうど夕方で陽の落ちる直前。夕日がリスさんを照らして、なんだかすごく躍動感や哀愁を感じます。こちらに向かって何か言ってます、カメラに怖がっていたのかもしれないですね。

f:id:manjinote:20180102002333p:plain

 

リスさんが見られるのはテラス席

白いテントのテラス席の側にはヤシの木バナナの木などのリスさんの住処があります。また、奥の白い壁や、地面にも降りてきてリスさんたちは戯れます。よかったらリスさんたちに会えるテラス席をオススメします。

f:id:manjinote:20180102001914j:plain

 

田舎のおばあちゃん家で出てきそうな哀愁アップルパイ

リスさんを観察している間に、注文していたアップルパイが到着しました。

8角形の白いお皿に、小ぶりのマフィンにも見えるアップルパイがちょこんといて、その上にバニラアイスが乗ってます。

f:id:manjinote:20180102001800j:plain

 

アップルパイは暖かくて、アイスクリームの下の部分は少しずつ溶けていっています。白いパウダーが雪のようで、アイスクリームが雪だるまのようにも見えます

f:id:manjinote:20180102001801j:plain

 

生地は見た目通り、マフィンのようにふわっと柔らかくて、中からりんごが砂糖で煮られたような甘酸っぱい香りがします。いわゆるパイ、というよりも食べた感じはマフィンのような印象を受けました。冷たいアイスと、温かいパイの温度の行ったり来たりを楽しむことができます。

f:id:manjinote:20180102001805j:plain

 

他のメニュー

気になる『神のハンバーガー』

なにやら怪しげな名前のメニュー。『GOD』という単語を使うなんて、【ガーデンオブドリームス】ならではのメニューです、気になりますね。今度ぜひ食べてみたい。

  • ゴッド クラブ
  • ゴッド ベジ バーガー
  • ゴッド ダブル デッカー バーガー

f:id:manjinote:20180102001814j:plain

 

ショーケースのケーキたち

お店の入り口にケーキのショーケースがあり、様々なケーキをみることができます。チョコ系、ショート系、フルーツ系など気分に合わせてチョイスできます。

f:id:manjinote:20180102001739j:plain

 

庭園内に広がる様々な席

リスの見れる白いテントのテラス席の他にも、店舗はかなり大きくて様々な席が準備されています。

ギリシャっぽい建物の中にある席

f:id:manjinote:20180102001754j:plain

 

店内のソファー席

f:id:manjinote:20180102001741j:plain

 

開放的なベランダ席

f:id:manjinote:20180102001847j:plain

 

蔦席

f:id:manjinote:20180102001938j:plain

 

アクセス

タメルの入り口にある白い高い塀に囲まれた庭園内にあります。(地図)

ちょっと特殊で、庭園の入場料200ルピーを支払わないと、カフェにはアクセスできません。様々な木々や花々を楽しみながら、ふらっと寄ってみてはいかがでしょうか。

 

入り口

f:id:manjinote:20180102011139j:plain

 

入り口側の壁には様々なデザインのラグ

f:id:manjinote:20180102011140j:plain