にゃますて

ネパールの首都カトマンズのグルメを中心にお届けします。



超巨大な希少部位シャトーブリアンステーキ【MOUNTAIN STEAK HOUSE】

タメルにはステーキが食べられる店が数多くあるわけですが、

友達とずっと行こう行こうと言っていた噂の店にやっと行くことができました。

 

  • 「3000ルピーで巨大なステーキが食べられるところがあるらしい。」
  • 「シャトーブリアンっていう希少部位で、めっちゃ柔らかいらしい。」
  • 「一人で行って注文しようとした、店員さんに無理だから止められた」

 

そんな噂が、ここ3が月くらい頭の中を一人歩きしていたわけです。

ヨダレ物ですよ、ほんま。

 

店に着くなりメニューをみて、明らかに1つだけ異彩を放っている2500ルピー(忘れました)くらいのステーキを注文。焼き方を聞かれたので、ミディアムレアとオーダー。

 

噂のシャトーブリアン登場

『デデンっ』

で、でかい。というか、長い。横にiPhone5sを置きましたが、iPhoneの4倍か5倍ほどの大きさ。皿から食み出て、肉汁がテーブルにポタポタ溢れています。

f:id:manjinote:20171217210529j:plain

近づいてみるとこんな感じ。すんごい迫力です。

  • フライドポテト
  • マッシュルーム
  • ほうれん草
  • 茹で野菜
  • フルーツ(トマト、りんご、オレンジ)

上に乗っているのはブルーチーズ。本当にブルーチーズ大好きで、フランスでブルーチーズを何にでもつけて食べていたくらいなんですが、ネパールで出会えるなんて。

「君のことをすかり忘れていたよ、ダメなやつだよ。」って感じです。

ネパールでの初ブルーチーズにもかなり興奮しました。タメルでブルーチーズの店探そうと、熱が出てきました。

さておき、

f:id:manjinote:20171217102030j:plain

 

とにかく長いので、2人で端からポッキーゲームのように食べて行くことに。

「う、美しい。最高。」

f:id:manjinote:20171217102050j:plain

 

切り分けて食べて行くわけですが、2人それぞれおよそ4、5回はステーキを食べられると思います。そんだけでかいです。

少し後悔したのが、焼き加減。「ミディアムレア」とーダーしましたが、本当にレアに近いミディアムでした。もうちょい焼いた方がよかったかなと、途中で言ったら焼いてくれたのだろうかと、後悔しました。

 

  • フライドポテトはマックのポテトを連想させる味で、少しだけ太いです。ボリュームは言うことなし。
  • マッシュルームもよく味付けされていて、肉のソースとよくマッチしてました。
  • ほうれん草、茹で野菜も彩りを与えてくれて、なおかつ肉と肉の中間に入ってくれて、楽しい食事にしてくれます。
  • フルーツは個人的には微妙でしたね。ステーキのソースが着いてしまっており、あんまり好きじゃなかったです。

今日のにゃますてポイントは......

93ポイント!!

 

説明はいりません、2人以上でレッツゴーです。

 

アクセス

このステーキが食べられるのは【MOUNTAIN STEAK HOUSE】という店です。

タメルのJPマーグにあります。

店の名前の書かれた扉を開け、2Fに上がると、厨房が見えます。そのまま進んで行って赤いテーブル席に座ってください。僕は1Fだと思っていたので、「あれ?あれ?本当にここなのかな?」みたいな感じになりましたwメニューをみて安心しましたw