にゃますて

ネパールの首都カトマンズのグルメを中心にお届けします。



クセ担々麺とダークホース肉まん【嘉麟閣】

『地球の歩き方』にも載っている【嘉麟閣】(キリンカク?って読むのかな。)はタメルの入り口にあります。

 

千鳥のノブもびっくりするだろう、クセが強い担々麺

問題のクセの強い担々麺はこちら!!!!!

f:id:manjinote:20171216185632j:plain

 

なんか初めてピーナツが入っている担々麺をみました。

 

四川の本場の担々麺はこんな感じなんでしょうか?

 

日本ではお目にかかったことなかったです。

 

表面に5mmくらいの油の層があります。

 

f:id:manjinote:20171216185119j:plain

 

麺は太麺の平打ちで、つるっとしてうまいです。

 

油の層を通過して、一緒に絡めて持ち上げてきます。

 

チンゲンサイはサクッとしててうまい。

 

ひき肉はしいたけと絡めてあってうまい。

 

スープは結構辛いです。

 

麺を食べたあと、どうしてもピーナツやひき肉がスープに残るんですが、それを食べたくても、表面の油の層がどうしても付いてくる。

 

中華の油は今まであんまりいい経験がないので、なるべく避けたいところ。

 

本当にクセがすごい。

 

このクセを体験したい人はオススメですが、お腹弱い人、辛いの苦手な人はやめといたほうがいいです。

 

ありがたい無料サービスのジャスミン茶

サービスでジャスミン茶を出してくれます。

 

嬉しいですね。

 

特に油物が多い中華料理とよく合います。

 

f:id:manjinote:20171216185149j:plain

 

嬉しい誤算!!ダークホースの『肉まん』出走

担々麺を食べにきたんですが、店の中は「餃子」などの茶子をオススメしているようでした。

 

メニューに「肉まん」があったのでオーダーしました。

 

ほっかほかで、真ん中を割ると湯気がふわああ、うまい。

 

ダークホース現れた!!って感じです。

 

値段も50ルピーぐらいで安かったです。

 

f:id:manjinote:20171216185415j:plain

 

 

店もスタッフもクセがすごい

中国映画が流れていて、内容は「戦争もの、脱出」的なものでした。

 

店員さんは中国人とネパール人がいて、ネパール人にオーダーする形です。

 

言葉が通じないらしくゴタゴタとしていていました。

f:id:manjinote:20171216185739j:plain

 

中の方で餃子を作っていた女性は感じのいい方でした。

 

少し話をしながら、餃子を包む過程をみさせていただきました。

 

次は餃子食べてみたいなーと思いました。

 

f:id:manjinote:20171216185101j:plain
f:id:manjinote:20171216185120j:plain
f:id:manjinote:20171216185018j:plain

 

 

今日のにゃますてポイントは......

79ポイント!!

 

担々麺も接客もクセが強いですが、逆に好きな人はハマると思います。そんな冒険もいいじゃないか、くらいの心持ちの人がちょうどいいかなと思います。油多めなのでお腹弱い人はおすすめできません。

 

アクセス