ネパールデリバリー

ネパールグルメアンバサダー。世界最貧国ネパールの『美味しいもの』を食べ歩いています。観光から長期滞在の方まで役立つよう、多くの人で賑わうタメルのグルメを中心にご紹介します。『地球の歩き方』に載ってないような、ディープな情報も共有しています。

計り知れない可能性を秘めたラーメンに出会った【だんらん】

あるブログで「ここのラーメンがうまい」とべた褒めしていたので、

気になりまくって【だんらん】のラーメンを食べに行ってきました。

 

こちらがそのブログ

ネパールでスープを全部飲み干した激うまラーメンに出会った話 | Kei Kawakitaオフィシャルブログ

 

場所はパタンにあります(地図)

 

学校終わりに、そのままパタンに向けて出発、

パタンの割と高級?な地区にお店はありました。

f:id:manjinote:20171216174609j:plain

 

門を入ると左手に綺麗なガーデンがあり、そこにも席が設けてあり

暖かい時には木漏れ日の中で食事を楽しむことができるようです。

f:id:manjinote:20171216174901j:plain

 

建物の中は、レストランというかおしゃれな隠れ家的居酒屋さんのような雰囲気。

日本っぽい置物や、お酒、木のタンスなどなど、日本の空気感を味わうことができます。

f:id:manjinote:20171216174558j:plain

 

 

ラーメン(大盛り)870ルピー

今回の目的はただ一つ。ラーメン(大盛り)!!!

注文して15分くらいで到着。

f:id:manjinote:20171216174723j:plain

  • チャーシューはモモの柔らかい上品な部位を使っていて、味もしっかりしていてうまい、6枚も載っていて盛り付けが美しい。
  • 味玉は表面だけが色がついていていて、もう少し長くつけると、スープとの兼ね合いでいいかなという印象。
  • スープは豚骨醤油、ダシも出ていて脂も上品でしつこくなく美味しい。
  • 盛り付けは美しいなと思いました。
  • 麺は残念でした。食感が柔らかく、豚骨醤油スープとマッチしていなかったように感じました。他のタメルの微妙なラーメンと変わらなかったなーと。
  • 価格は税込870Rs、正直高い!!涙

 

正直に言うと、んーーー、微妙!!!期待していたものとは違いました。

ただ、かなりの可能性は秘めているなと感じました。

めちゃくちゃうまいとは言えなかったですが、ネパールで食べれると考えたらまあいいかなという印象。やっぱり価格とラーメンのクオリティが釣り合ってないかなと、そこがかなりのネックです。すいません、個人的意見です。

  • (小盛)499Rs + 税 + サービス料 →約 620Rs
  • (並盛)599Rs + 税 + サービス料 →約 750Rs
  • (大盛)699Rs + 税 + サービス料 →約 870Rs

やっぱりカンスイや、圧力の関係でコシの強いラーメンを作ることは難しいんでしょうかね?タメルの中華料理屋のラーメンもどきの麺は細麺のしっかりした硬さのものが出てくるんで、ネパールでもできるんじゃないかなと思っているんですが。難しいんですかね涙

 

ラーメンよりパフェが良かった

そのあとに食べたパフェがすんごく良かったんです。

何が良かったって、日本にはないアイデアだったからです。

それは凍らせたザクロを盛り付けていたこと。

ネパールにはざくろがいっぱい出回っているんですが、こうして食べるんだなーと感動しました。フローズンザクロを応用すれば、目にも美しい盛り付けができるんだなと、ざくろの可能性を感じました。

f:id:manjinote:20171216174549j:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーー

*この記事、特にラーメンに関しては個人的な意見です。

 

 

店舗情報