ネパールデリバリー

ネパールグルメアンバサダー。世界最貧国ネパールの『美味しいもの』を食べ歩いています。観光から長期滞在の方まで役立つよう、多くの人で賑わうタメルのグルメを中心にご紹介します。『地球の歩き方』に載ってないような、ディープな情報も共有しています。

いちご大福が萌える!?隠れた実力派うどん屋【Japanese Noodles Kitchen(JNK)】

タメルからは少し遠いんですが、リングロードの南の方(パタンあたり)に

【Japanese Noodles Kitchen】通称JNK(地図)という日本人の方がオーナーのうどん屋さんがあります。オーナーさんは可愛いメガネにニット帽、エプロンをつけていらっしゃって、席の方で編み物なんかして、ゆっくりとした時間を過ごされていました。

 

「こんにちはー」

「あー日本人の方ですか、どうやってこのお店を知ったんですか?」

「友達がブログを見たみたいで、それで知りました」

「そうなんですか、ありがとうございます。

 特に宣伝という宣伝はしていないんですけどね、

 皆様がブログか何かで宣伝してくださってるみたいなんですね。

 本当にありがたいです。」

 

友達が見たのは

「ネパールてすかーらん」さんのこの記事だったようです。

ネパールで美味しい手打ちうどんを食べたくなったら、パタンの『JNK』へ! | ネパールてすかーらん -Let's migrate to Nepal-

 

 

 

友達がいうには、うどんがとにかくオススメのようなので、鍋焼きうどんと冷やし肉うどんをオーダー。ここのうどんは自家製で、レジの後ろに広い厨房があってそこで製麺しているようです。

店内はかなり広くてテーブル席が6個くらいあって、ゆったりと座ることができます。

f:id:manjinote:20171216154850j:plain

 

石焼うどん

グツグツグツグツした状態で、見てるだけでも食欲が出てくる様子。カメラも一瞬で曇ってしまいました。ネパールでこんなに熱々の状態で出てくるのは珍しいかなと、感動しました。野菜がたっぷり入っていて、自家製の麺はツルツルそしてコシが強く、「日本で食べているのと変わりない」むしろ、ネパールでよくここまでうまい麺を打てるなーと感心するとともに、ここで食べれたことにただただ感謝でした。

f:id:manjinote:20171216154832j:plain
f:id:manjinote:20171216154819j:plain

 

冷やし肉うどん

透明のガラスのボウルで登場。麺、つゆ、大根おろし、万能ネギ。このシンプルな構成が、早く、早く、チュルッといきたい衝動をそそります。正直な感想『マジでうまい!!』。ほんまに、ここにきたら是非これをオーダーしていただきたい。この記事を書きながらも、記憶が蘇ってきて「また食べたい」という衝動が込み上げてきます。シンプルだけど、すごく洗練されていて、飾り気のないストレートなパンチ。

f:id:manjinote:20171216154843j:plain

 

デザートも充実

麺類だけではなくて、デザートも多数メニューに載っていました。

一番のオススメはイチゴ大福!!こんなものもネパールで食べられるの?

感動感動感動。作っていない時もあるので、オーナーさんに聞いてみてください。

イチゴ大福

f:id:manjinote:20171216154836j:plain

 

大福 & プリン

f:id:manjinote:20171216155003j:plain
f:id:manjinote:20171216154936j:plain

 

場所がちょっとわかりにくいです。そしてタメルや空港からは少し遠いです。

地図はこちら

パタンの方にあります。リングロードはただいま工事中で、リングロードが2本存在しているような状況でした。そして、リングロードから1本入った小さな道に入ってもらって、そこからまた奥まった小さな道に下の写真の青い看板が見えます。

道沿にはありませんよ、小さな道の奥の方にあります。あとは階段を登れば、オーナーさんが出迎えてくれます。少し遠いですが、パタン観光などで近くを通る際に寄って見てはいかがでしょうか。いや、ぜひ寄ってみてください。

  • 営業時間 AM11:00-PM5:00
  • 日曜定休

f:id:manjinote:20171216154809j:plain