ネパールデリバリー

『清く、正しく、美しく』がモットーのネパールデリバリーですっ!!民族楽器と独特のリズム感の音楽、ちょっとコミカルで憎めない映画、スターバックスに負けないCafeや、見慣れない品揃えのギョウザセンター、旅行のエッセンスになるローカル情報…など、人生を深く愉しむ文化と、アイテムをお届けします。

【日本の歌】海の声/浦島太郎(日本語学習者中級向け)

 

日本の昔話の「浦島太郎(うらしまたろう)」が乙姫(おとひめ)のことを想う歌です。乙姫は海の中にあるお城 -竜宮城(りゅうぐうじょう)- に住むお姫様(おひめさま)です。

 

www.youtube.com

 

(*)空の声が 聞きたくて

   風の声に 耳すませ

   海の声が 知りたくて

   君の声を 探してる

 

会えない そう思うほどに

会いたい が大きくなってゆく

川のつぶやき 山のささやき

君の声のように 感じるんだ

 

目を閉じれば 聞こえてくる

君のコロコロした 笑い声

声に出せば 届きそうで 今日も 歌ってる

海の声にのせて

 

(*)

 

たとえ僕が おじいさんになっても ここで 歌ってる

君だけを想って

 

海の声よ 風の声よ

空の声よ 太陽の声よ

川の声よ 山の声よ

僕の声を 乗せてゆけ

 

【自然(しぜん)の単語】

  • 空(そら)、陸(りく)、海(うみ)、島(しま)、川(かわ)、湖(みずうみ)、池(いけ)、山(やま)、丘(おか)、木(き)、林(はやし)、森(もり)、橋(はし)
  • 太陽(たいよう)、雲(くも)、星(ほし)、月(つき)、風(かぜ)、雨(あめ)、霧(きり)、雪(ゆき)

f:id:manjinote:20171119123352j:plain 

  • 亀(かめ)、魚(さかな)、タコ、イカ、ワカメ、貝(かい)、エビ、カニ
  • 波(なみ)、砂浜(すなはま)、朝日(あさひ)、夕日(ゆうひ)

 

 

【昔話(むかしばはし)について】

昔(むかし)→今(いま)→未来(みらい)の順番。

昔話は、日本の子どもたちが楽しむ、昔から伝えられてきたお話。

f:id:manjinote:20171119123349j:plain

 

<例>

浦島太郎(うらしまたろう)は日本の昔話です。

 

 

【声(こえ)と音(おと)の違い】

声はvoiceで、人が出す音のことです。

音はsoundで、物についてのものです。

歌の中では、「空の声」「海の声」など、

自然の声と歌っていますが、普通は音を使うべきです。

しかし、擬人法(ぎじんほう)<personalize>を使っていて、

自然をまるで人間のように考えています。擬人法を使うと

日本語はいろいろな表現の仕方ができるようになります。

 

<例>

  • 川の水の音→「川のつぶやき」
  • やまびこ、葉っぱの音、鳥のなき声→「山のささやき」
  • 「声を 乗せてゆけ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おまけ

 

【浦島太郎(うらしまたろう)について】

浦島太郎の昔話がわかると、この歌がもっともっとわかるようになります。

難しいですが、ぜひトライしてみてください。

 

www.youtube.com

 

 物語(ものがたり)のあらすじ

  •  浦島太郎は砂浜で、子どもたちにいじめられていた亀を助けました。数日後、浦島太郎が釣り(つり)をしていると、助けた亀がやってきて、海の中にある竜宮城(りゅうぐうじょう)に、背中(せなか)に乗せて連れて行ってくれました。
  •  そこに住む、乙姫(おとひめ)や魚や貝などの海の動物たちと、おいしいご飯を食べたり、歌を歌ったりおどったりして楽しく過ごしました。浦島太郎は、家に帰るときに乙姫からおみやげの玉手箱(たまてばこ)をもらいました。乙姫は「決して開けてはいけません」と言いました。
  • 浦島太郎が村に帰ると、村がすっかり変わっていました。実家もありません、知っている人もいません。実は、海で楽しく暮らしている間に、300年の長い時間がたっていたのでした。浦島太郎はびっくりして、乙姫との約束(やくそく)をやぶって、玉手箱を開けました。すると箱から煙(けむり)がモクモクと出てきて、浦島太郎はおじいさんになってしまいました。 おわり。

オリジナルの歌がこの動画の中に出てきます。

@竜宮城に連れられて行くシーン

昔昔(むかしむかし)、浦島(うらしま)は

助けた亀(かめ)に、連れられて、

竜宮城(りゅうぐうじょう)へ来てみれば、

絵にもかけない美しさ

@竜宮城で楽しんでいるシーン 

乙姫様(おとひめさま)のご馳走(ごちそう)に、

鯛(たい)やヒラメの舞踊り(まいおどり)、

ただ珍(めずら)しくおもしろく、

月日(つきひ)の経つ(たつ)のも夢(ゆめ)の中(うち)

 

f:id:manjinote:20171119121343p:plain

この昔話のオリジナルの曲がアレンジされて、

現代風(げんだいふう)にカッコよくなって日本のテレビのCMに登場しました。

かっこいいカバーソングです。

  • 浦島太郎は乙姫に恋をして、会えない乙姫にラブソングを歌います。
  • 海の中は遠いので、浦島太郎の歌は届きませんが、海や山、風に乗って、愛する気持ちが届(とど)いて欲しい。
  • おじいちゃんになるくらいまで、ずっと会えない君のことを想(おも)って、ここから、あなたへのラブソングを歌います。

という歌です。

遠距離恋愛というか、ロミオとジュリエットというか…切ないです。

 

浦島太郎の純粋(じゅんすい)で素直(すなお)な気持ちがストレートに心に伝わってくる歌ですね。最近、日本のカラオケのランキングでは、ずっとナンバーワンの歌です。日本に行ったらみんなで一緒(いっしょ)に歌いましょう。 

ーーーーーーーーーー

おまけ2

 

www.manjinote.com