にゃますて

ネパールの首都カトマンズのグルメを中心にお届けします。



散髪屋のにいちゃんにダマサレタ話

長期滞在で困るのはヘアカット

ネパールに長期滞在していると、少し悩むのが散髪。

前回は、思い切って近所の小さな理容室で

チャキチャキーって切ってもらって

意外といい感じに切ってもらって満足しました。

 

前回と同じところで守りの姿勢

今回も抵抗感のなくなったご近所の理容室へ行きました。

すると店の前にチャリを止めた時点で

インド音楽が爆音でボンボンボンボン

いい感じの重低音のベースが体を振動させました。

初回は気にもならないくらいさりげない音量だったのに。

 

今日は2人営業

イケイケにーちゃん2人がお客さんを回してました。

ネパール語が喋れなかった前回は携帯の画面を見せて

「エスト、エスト」

みたいなサバイバルな感じでコミュニケーションを交わしました。

しかし、今回は少しネパール語も話せるようになってきたので

「冬だからあんまり切らないでね。でも後ろはがっつり短く、

 横も耳を出してね。」

「もっともっと後ろ短くできる?」

 

みたいな感じでリクエストしてみました。

 

ネパール語で髪型伝えるのは難しい

感じのいいにーちゃんで、

「ここは切っていいか?じゃあここは?」

みたいに聞いてきてくれました。

ただ、初手で「切らないでほしい」と伝えたトップをがっつり切ろうとする暴挙に出ました。いきなりで思わず「オーーー」ってなってのけぞりました笑

日本の美容院でも自分のオーダーを伝えるさえ難しいのに、ネパールなんて尚更ですよ。 

 

 

カットの後は強めのマッサージサービス

切り終えたら、頭を強めなマッサージをしてくれます。

なかなか良い握力で、凝った筋肉をほぐしていってくれます。

3分くらいしたら、最後に、首を「ぱきっ、パッキ」と鳴らして終了。

 

 

はい、きました、小さなぼったくり 

ここからが、問題なんです。

お会計です。

 

「サンキューにいちゃん、確か200ルピーだよね?」

 

しかし、爆音で僕の声はかき消される。

500ルピーしかなかったので、それを渡す。

 

そしたら、350ルピー返ってくるわけです。

「あれ、ほんま?」

このつぶやきもインド人の熱唱でかき消されます。

でも、おにーちゃんは確かにお札を確認しながら渡してきたから

彼が間違っているというのは考えづらい。

f:id:manjinote:20171117215552p:plain

「またくるねー」

と引きつった笑顔で店をあとに。

 複雑な気持ちを含んだ笑顔とともに。

 

……

『前回のにーちゃんやってくれたな。俺の50ルピー!!』

肌寒くなってきたネパールの風が笑って通り抜けていきました。