ネパールデリバリー

『清く、正しく、美しく』がモットーのネパールデリバリーですっ!!民族楽器と独特のリズム感の音楽、ちょっとコミカルで憎めない映画、スターバックスに負けないCafeや、見慣れない品揃えのギョウザセンター、旅行のエッセンスになるローカル情報…など、人生を深く愉しむ文化と、アイテムをお届けします。

やっぱりうまい、足が向いてしまうネパールのカツ丼【絆】

日本食をタメルのフードコートで提供している【絆】さん。

本当に気軽な感じに、パッとよれてパッと食べれるので

どうしても、日本食というか丼モノ食べたいなー

って思うと足が向いてしまうんですね。

 

お店の詳細はこちらからどうぞ

 

www.manjinote.com

 

絆の手前にある角煮丼も同時に要チェックですよ!!マジで 

 

www.manjinote.com

 

 

 

 

今回は本命のカツ丼を注文しました。

前回はすた丼に手を出してしまったんだけれど、

今度はドストライクのカツ丼を振りに行きました。

 

今回は周りにも日本人らしき人が多数座ってらっしゃって

聞こえてくる日本語にクスクス笑ってしまいました。

 

その中でも一番クスクスきた言葉は、

 

「これ親子丼だー、本当に親子丼だー」

 

っていう女性の声でした。

ネパールでこんなもん食べられると思ってなかったんでしょうね、

ネパールだからどうせ親子丼っていっても私の知っている親子丼とは大きな違いがあるんでしょうね、

なんて思ってたんでしょうかね。

かなり大きな声で叫ばれてたので、一人で笑いを堪えるので精一杯でした。

 

 

そんなこんなの笑いもあって、すぐにカツ丼が到着しました。

間違いないです。うまい。

これで300ルピーなら、文句ない。

味噌汁もどき、漬物もどきも出てきて、満足です。

またきます。って感じです。

f:id:manjinote:20171008004620j:plain

 

よっぽど

「これカツ丼だー、本当にカツ丼だー」

って叫びたいくらい美味しかったです。

 

 

ちなみに今回わかったんですが、絆にはフリーWi-Fiが飛んでいます。

飛んでるのかよ、って突っ込みたくなるような場所なんです本当に。

でも飛んでいるんです。

店員さんに聞いたらパスワード教えてくれます。

 

このパスワードが

ネパールジャパン

みたいな感じだったと思うんですが、

てっきり日本から来たの?的な質問をされたと勘違いして

会話モードに入ってしまって

彼らはずっとクスクスしてました。

 

パスワードを伝えようとしてただけのようでした。

たかがパスワードでみんなクスクスできたのでちょっとだけ

幸せな時間が流れました。よかったです。終わり。