ネパールデリバリー

『清く、正しく、美しく』がモットーのネパールデリバリーですっ!!民族楽器と独特のリズム感の音楽、ちょっとコミカルで憎めない映画、スターバックスに負けないCafeや、見慣れない品揃えのギョウザセンター、旅行のエッセンスになるローカル情報…など、人生を深く愉しむ文化と、アイテムをお届けします。

ネパールで手紙を国際便で日本に送る方法

ネパールの郵便事情は未だによくわかっていないんですが、

とにかく日本のようにはシステムとして整備されていません。

 

www.manjinote.com

 

 

今回はとりあえず実験的に、

日本に手紙を出してみようと思います。

 

ネパール人に聞くと、

中央郵便局に行く必要があるとのこと。

 

早速行ってみました。

 

シビルモールの近くにあります。

ゲートは大通りには面していない、南側にあります。

f:id:manjinote:20171002202352p:plain

https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%82%BC%E3%83%8D%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9/@27.6996702,85.3114006,16.19z/data=!4m5!3m4!1s0x39eb1854b7228c4d:0x2909b607f8ed5423!8m2!3d27.7006055!4d85.3131371

 

 

f:id:manjinote:20171002204559j:plain

 

ゲートを通過すると、左手には可愛いカラフルな郵便箱たちが

ほとんどオブジェのように置かれています。

 

f:id:manjinote:20171002204610j:plain

 

 

右手には小さな野外ショップがあって、郵便関係の封筒や文房具

ネパールの写真が特徴の絵葉書などが売っています。

 

f:id:manjinote:20171002204547j:plain

 

日本への郵便なので、ゲート入ってすぐの建物に入ればいいです。

中は窓口がズラーと並んでいます。

 

f:id:manjinote:20171002204456j:plain

 

入るとまず11番窓口に行って、切符を買います。

グラムを測ってもらって、シール式の切手を購入します。

 

f:id:manjinote:20171002204528j:plain

 

窓口のおばちゃんは、粘着のことなど気にせず

手渡しでシールを渡してきます。今回1つあたり50ルピーでした。

25ルピー切手が2枚ってことになります、つまり今回3通分の

6枚をこっちの御構い無しにペタペタと私の手に貼っていきます。

さすがネパールです、日本のおばさまが同じことされたら、キーーー

ってなりますよw

 

f:id:manjinote:20171002204721j:plain

 

 

切手を貼ったら、隣の窓口のおじちゃんに渡すと完了です。

こっちとしては、隣なんだから渡してくれればいいのに

って感じなんですが、なにこの1アクションの手間は?って

思っちゃいました。色々あるんでしょうね。

 

 

この手紙は約1週間で日本に届きました。

地球の歩き方なんかだと、2週間くらいかかる

と書いてあったり、紛失の恐れもあるとのことだったので

少し心配していましたが、

案外早くついてしまったのでびっくりした次第です。

 

 

あと、建物入って一番奥の方には、梱包コーナーがあって、

無料でテープとハサミが使えるようになってます。

今回糊がなかったので、テープでバシッととめました。

 

f:id:manjinote:20171002204439j:plain

 

意外にもすんなり手紙が送れたんで、

ぼちぼち日本の皆様に近況報告などしたいなーと

思っています。

今度は郵便の受け取り方なんかも現地の人に聞こうかなと思っています。