ネパールデリバリー

『清く、正しく、美しく』がモットーのネパールデリバリーですっ!!民族楽器と独特のリズム感の音楽、ちょっとコミカルで憎めない映画、スターバックスに負けないCafeや、見慣れない品揃えのギョウザセンター、旅行のエッセンスになるローカル情報…など、人生を深く愉しむ文化と、アイテムをお届けします。

【既婚女性限定!?】タトゥーのもつアート要素の可能性

ネパールのタトゥーを通して、東京オリンピックを控えた日本でのタトゥーの認識の差れ方について考えるって話。

 

 

f:id:neparuntaizaiki:20170719232154j:plain

 

お母さんの親戚の大学生の女の子がお昼を食べに家に訪ねてきました。ネパールの大学の様子などを軽く聞きたいなと思っていたので超ラッキーでした。ご飯を食べ始めようとしたとき彼女の手にはタトゥーが。

私「それタトゥーだよね?なんかの意味があるの?」

大学生「うーん、これはファッションかなー」

私「ネパールの若者に人気なの?」

大学生「そう、ネパールだけじゃなくて、インドでも人気よ。結婚してる人だけやるのよー」

私「そうなの?てか、結婚してるの?学生だよね?」

大学生「そうよー。7月だけやるのよ。ヒンドゥー教の習わしよ

私「なんかの意味があるの?

大学生「この模様の色が濃いと、夫からより愛されるって言われてるの

私「濃いといいんだね。でもそれ手とか洗ってたら落ちるよね。

大学生「洗濯とか洗い物してたら、1週間くらいで落ちるよ。あとね、結婚式の時は、このタトゥーは肘まで描くのよ。それと足にも描くのよ。」

 

f:id:neparuntaizaiki:20170719232305j:plain

 

私「そうなんだね。キミの模様は人気の模様なの?」

大学生「人気というか、ただ私が好きなだけなの。」

私「他にも色々模様があるってことだよね。いくらぐらいで描いてもらえるの?」

大学生「これは友達に描いてもらったの。友達はアーティストなの。値段は場合によりけりじゃないかな」

私「そうなんだね。どうやって描くの?」

大学生「プラスチックの容器にトウモロコシの液を入れて描くのよ」

私「トウモロコシなんだねー、不思議。」

 

f:id:neparuntaizaiki:20170719234207j:plain

 

大学生「7月はタトゥーだけじゃなくて、緑の腕輪緑の服を着るのよ。」

私「街に出たら、誰が結婚してるかってのはすぐわかるんだね。」

大学生「最近は、それすらもファッションになってるから必ずしもそうだとは言えないし、わかんないんじゃないかな。」

 

ネパールでは、タトゥーをしている女性をよく見かけます。宗教的な目的と合わせて、ファッション的にも、特に観光地で人気のようです。特に欧米人がネパールのタトゥーをしているのをよく見かけますね。ネパールでは、ネパール風のタトゥーは元々は既婚者であるっていう印みたいなので、今現在のネパール人のファッション的な受け止め方と合わせて、知った状態で描いてもらうとよりネパールのことがわかるかなーと思いました。

 

日本でも医師免許を所持していないタトゥーの彫り師が医師法違反ということで起訴され、裁判が行われているそうで、判決が言い渡されるそうです。日本では法律で医師免許を持たない人が、「針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為」をすることは禁止されているようです。タトゥーと同じ手法で眉やアイラインを描く「アートメイク」でトラブルが相次いだのが背景にあるそうです。私は、彫り師には医師免許が必要だということも知りませんでしたし、刺青を応用したアートメークというものがあるのも知りませんでした。刺青はずっとグレーソーンで見逃されていたみたいですが、逮捕者が出たということは、トラブルだけではなく刺青業界(あるのかな?)と警察との関係性が変化したってことですかね。

 

タトゥーと反社会的組織とは、結びつけて考えてしまいがちです。しかし、もしこのまま刺青師がどんどん取り締まられていくのであれば、新しい制度や仕組みを考える必要があるなと思います。衛生面、技術面で問題ない場合は、講習や試験などを設けたりして許可制などを作らなければ、ただ、潜りの彫り師を増やすだけかなと思います。タトゥーを入れるそのものの行為がダメなのではなく、そこ行為が安全で衛生的になされていないケースがあるというのが問題であると思います。法律によって彼らを取り締まることで、彼らの持っている、アート性や、日本の文化的な財産まで取り締まっているようで残念な気がします。また、アートメークのように、タトゥーのアート性は他にも繋がる様々な可能性を持っていると思います。刺青のアート性とネットが繋がったら、何か新しいものが表現できるかもしれないですね。

 

また、タトゥーに対する周りの人間の捉え方も考える必要があるかもしれません。政府は東京オリンピックに向けて、タトゥーを立ち入り禁止している銭湯や入浴施設に対して緩和するように通告しました。世界に出ればタトゥーを見る機会がかなりあります。彼らは彼らでタトゥーに誇りを持っているし、それを否定することは許されないと思います。東京オリンピックで活躍する選手にもきっとタトゥーをつけている人はいます。改めて、タトゥーに対して理解を示す必要があるなと思います。

 

個人的には大学時代の思い出で、アメフトの試合で、相手の腕にタトゥーがあってびびった経験があるのでなんとも言えないのですが。テレビや育った環境で、正直怖いなというイメージが植えつけられてきたんだなと実感しました。