ネパールデリバリー

『清く、正しく、美しく』がモットーのネパールデリバリーですっ!!民族楽器と独特のリズム感の音楽、ちょっとコミカルで憎めない映画、スターバックスに負けないCafeや、見慣れない品揃えのギョウザセンター、旅行のエッセンスになるローカル情報…など、人生を深く愉しむ文化と、アイテムをお届けします。

ネパール版ディズニー-ランド【カトマンズファンパーク】が熱い

ネパールの首都のカトマンズにある、「怪しい」夢の国を、あの人気キャラクターたちが直々に紹介してくれるって話。

*もちろんこの物語は全てフィクション。

 

 

 

f:id:neparuntaizaiki:20170720230656j:plain

ミツキー「こんにちは、ハハ。」

ミニイ「ミツキー、今日は天気がいいわね。」

ミツキー「最高さ。ミニイ、このお花どうぞ。君のために探してきたんだよ、ハハ。」

ミニイ「えええミツキーありがとう。嬉しいわ。」

ミツキー「今日のミニイ、雰囲気がいつもと違うね、ハハ。」

ミニイ「あらまあミツキーったら。よく気がついたわね。昨日美容院行ったの。」

ミツキー「あ、そうゆうことじゃなて…ハハ」

ミニイ「あー、靴も変えたのよ。黄色のお揃い靴じゃないから嫉妬してるの?」

ミツキー「あー、そんなの持ってたっけ。見たことない、それも可愛いよ、ハハ。」

ミニイ「そう?ありがとう」

ミツキー「ミニイ、君、本当に僕のガールフレンドのミニイだよね?ハハ。」

ミニイ「なにいってるの?ミツキー熱でもあるの?」

ミツキー「言いにくいんだけど、ミニイ顔腫れた?ハハ」

ミニイ「平手打ちするわよ」

ミツキー「ごめんよ、でも可愛い僕のミニイはどこに行ったんだい?ハハ。」

ミニイ「グスン。もう私、実家の東京に帰る。」

(ジャンガジャンガ〜)

ミツキー&ミニイ「はーい、みなさんこんにちは。ようこそカトマンズファンパークへ」

ミツキー「どうだった?僕たちの寸劇。昨日の夜ミニイとYoutube見ながら練習したんだよ、ハハ。」

ミニイ「やめてよミツキー。恥ずかしいじゃないの。それ以上は言っちゃダメよ。」

ミツキー「今日はネパールまできてくれてありがとうね。今日は僕たちの夢の国を紹介するよ、ハハ。」

 

f:id:neparuntaizaiki:20170720230458j:plain

ミニイ「ここはネパールの若者の憧れの場所なのよ。デートにはもってこいよ。」

ミツキー「この国の入国料は大人40円、子供と学生20円だよ、ハハ。」

ミニイ「東京の夢の国に比べると、かなり安いのね。8人の入国料を徴収して、やっと東京のチュロス1本分の売り上げよ。今月やっていけるの?あなた」

ミツキー「大丈夫だよ。東京の方でいっぱい稼ぐから。ハハ。」

ミニイ「そうね、何回かショーをしたらこのくらい帳消しよね。」

ミツキー「あんまりお金の話はよそうよ、ハハ。うん、ハハ。」

ミニイ「そういえばミツキー、胴体のびた?座高高くなったんじゃない?」

ミツキー「ハハ。うん、ハハ。」

ミニイ「もしかしてあなた…」

(ジャンガジャンガ〜)

ミツキー&ミニイ「どうも〜、ありがとうございました。みんなカトマンズファンパークで待ってるよ〜。」

 

 

*この物語は全てフィクションです。なお東京ディズニーランドには全く関係はございません。