ネパールデリバリー

『清く、正しく、美しく』がモットーのネパールデリバリーですっ!!民族楽器と独特のリズム感の音楽、ちょっとコミカルで憎めない映画、スターバックスに負けないCafeや、見慣れない品揃えのギョウザセンター、旅行のエッセンスになるローカル情報…など、人生を深く愉しむ文化と、アイテムをお届けします。

スターバックス非公認のスタバが新アジト候補に【COFFEE BEANS】

家の近所のスタバもどきの店に入ると、ただ市販のスタバの豆を使っているだけということが判明し、コーヒーを敬遠してミルクティーを頼んでしまう。このカフェの付加価値は「近所」っていうことだけだが、それでもちょくちょく通うにはいいかもしれないと思ってしまっているという話。

 

 

 

f:id:neparuntaizaiki:20170718181644j:plain

 

近所にスタバを発見しました。わかっていますが偽物です。ネパールがよく使う手法の、忍法「勝手にブランド力を利用」です。悪くいってしまえば、ただの違法のパクリです。許してあげてください、これがネパールです。

 

店の名前は「COFFEE BEAMS」さんです。かなり小さい店で、テーブルが3個で入っても8人くらいでしょうかね。入店したら察しがつきました。店内にスタバのパッケージのコーヒー豆が置いてありましてね。要は、スタバが販売している市販のコーヒー豆を使ったコーヒーが飲めるってことですね。納得です。ショーケースには、甘そうなデザートも並んでいます。

 

f:id:neparuntaizaiki:20170718181751j:plain

 

スタバのコーヒーの正体も判明したので、コーヒーではなくミルクティー(50円)を注文しました。カウンター越しから作る様子を見ていると、大げさにプシューッと音を立ててミルクを温めています。そんなにカッコよく作る必要あるの?と思いましたが、味は、おいしかったです。冷めてからの臭みもなく、普通にうまいって感じでした。

 

「COFFEE BEAMS」さんの良いところをあげますと、まずこじんまりとした落ち着けるスペースですかね。他のお客さんがいなかったので、かなり落ち着けました。Wi-Fiも飛んでないので、外界との連絡をシャットアウトすることができます。

 

それと、環境に配慮して空調をかなり弱くしているところです。夏のお昼時だったので、汗だくになりました。外の方が涼しかったです。

 

また、店員さんの自由っぷりです。紅茶を提供した後は、椅子に座り携帯でネットを楽しんでいました。FACEBOOKを楽しんでましたね。少しすると、焼きそばのデリバリーのおばちゃんが来て、それを口いっぱいにほうばっていました。可愛いですね。

 

こんな感じで、ネパール人はかなり自由な働き方をしています。こちらも、日本の店のように見られている感じが全くしないので(実際に見られていない)、いらない気を使わなく、自分の家の書斎のように使うこともできます。下の写真のように、リラックスしていった歴代のお客様の声からも、この隠れた非公認スタバの隠れた良さがわかってもらえるはずです。(写真の上の方に、スタバのコーヒー豆がありますね。)ぜひ隠れた非公認スタバにお越しください。私も時々顔を出させてもらおうかなと思っています。

 

f:id:neparuntaizaiki:20170718181730j:plain