ネパールデリバリー

『清く、正しく、美しく』がモットーのネパールデリバリーですっ!!民族楽器と独特のリズム感の音楽、ちょっとコミカルで憎めない映画、スターバックスに負けないCafeや、見慣れない品揃えのギョウザセンター、旅行のエッセンスになるローカル情報…など、人生を深く愉しむ文化と、アイテムをお届けします。

センター英語で必要なのは単語力と中学生レベルの日本語力

*この記事は

 英語が絶望的に苦手な人や、

 もっと簡単に速く解きたい人、

 センター試験初心者向け。

 

 

センター英語はザックリとけばいい。

色々セコイことを考える必要はなくて

真ん中を突き破ってしまえばいい。

 

なぜかって、センター試験は

日本の超頭イイ人たちが作った

良問だけのテスト。

 

つまり、世間的常識的に外れているものは無い。

ひねくれた問題もひっかけ問題もない。

 

別の言い方をしたら、

内容をザックリとわかっていれば

選択肢に迷うことなんてない。

 

文法的な間違いなどは

致命的な間違いにはならない。

 

個人的な意見としては

このセンター試験に裏技なんてない。

というかシンプルすぎて必要ない。

フツーに読んでフツーにとけばいい

 

 

f:id:manjinote:20170810004012j:plain

英単語の意味がわかって、

日本語能力が中学生くらいあれば

簡単に解ける問題の集まりだ。

 

日本語能力があること前提にする。

そうすると残るは

f:id:manjinote:20170810004020j:plain

必要なのは単語力のみ。

単語さえ覚えたらサクッと

8割は取れる。

 

信じられないと思うかもしれないので

試しに去年の29年度のセンター試験を

超丁寧に解いてみる。

配点の高い、第6問の長文問題を題材にする。

紹介がてら問1のみを解いてみる。

 

まず、問いだけを見る

問1 According to paragraph (1),

   what do psychologists say about friendships?

 文の頭から順番に単語ごとに訳していく

によると/パラグラフ1/、

なに/する/心理学者/言う/について/友情?

 意味が通るように日本語の文章を作る

パラグラフ1によると、

心理学者は友情について何を言ってますか?

 

問いが聞いていることはなんなのか

要は、心理学者が友情について語っているところだけを

見つけてきて、その箇所の意味がわかれば十分。

 

本文の該当する1文を探す

そして本文の第1パラグラフのみを見てみると、

(1) For most people, their friendships are a valuable and important part of

who they are. Psychologists have pointed out that well-established

friendships lead us to a better understanding of ourselves. They have also

noted that we might face conflicts not only with acquaintances but even with

our good friends, which could result in ends to some of our friendships.

Fortunately, even when such conflicts occur, it is possible to find ways to

maintain or save the friendships.

(センター試験29年度第6問本文の第一パラグラフ)

 

心理学者Psychologistsが言ってることなんだから

Psychologistsという単語を本文から探す。

2つ目の文章の頭に、Psychologistsとあるので

この文章を訳せばいい。

 

該当する1文を訳してザックリ内容をとらえる

さっきと同じ単語のみを順番通りに訳す。

Psychologists have pointed out that well-established

friendships lead us to a better understanding of ourselves. 

心理学者/持つ/指摘した/外に/よく-設立された/

友情は/導く/私たち/に/より良い/理解/の/私たちの。

心理学者は指摘した「よく作られた友情は

私たちが自身をよりよく理解するのを

導いてくれる」。

つまり、心理学者が言ってることは

良い友情関係は自分自身を

よりよく理解するのを助ける。

ってこと。

 

選択肢を内容的、常識的に判断する

指定箇所の言っていることがわかったので

問いの中の選択肢を見ていく。

 

 

①They are frequently compared to ones possessions.

彼らは/頻繁に/比べる/と/誰かの/所有物。

友情は頻繁に、誰かの持ち物と比べられる。

→そんなこと触れられてない

 

②They are impossible to fix when they become unstable.

彼らは/不可能/修理する/の時/彼らが/になる/不安定。

友情は修理するのが不可能だ。

友情が不安定になった時は。

友情は不安定になると修理するのが不可能だ。

→そんなこと触れられてない。

 しかも常識的にそんなことはない。

 不安定=修復不可能 ってのが成り立ったら

 誰も友達がいなくなるよ。

 

③They can lead us to have conflicts with our acquaintances.

彼らは/できる/導く/私たちを/に/持つ/衝突/と/私たちの/知人。

友情は知人と衝突をするのに導くかもしれない。

▼(もっとくだけた言い方をすると、)

友達関係を続けていけば衝突することもある

→触れられてない。内容的には常識的意見。

 

④They help us know about ourselves but can have problems.

彼らは/助ける/私たちを/知る/について/

私たち自身/しかし/できる/持つ/問題。

友情は私たち自身のことを理解することを助ける

しかし問題も起こすかもしれない。

→文の前半部分は、内容一致。

 後半部分も常識的意見。

 これが正解。

 

以上

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このように単語の意味さえわかっていて

単語の並びを日本語的に並び替えて

意味の通る日本語にすればいい。

日本語能力も中学生並で十分。

わかっていただけただろうか。

 

正味この手の問題は

慣れてくれば回答するのに1分もかからない。

 

長文第一問目として

出題者側からしたら軽〜いジャブを打とうかな

とかそうゆうレベルのものなので。

 

どんだけ英語がわからない学生って言っても

日本語能力は中学生並みにあるだろう。

 

何をやらないといけないかって、

f:id:manjinote:20170810004020j:plain

バカならとにかく英単語を必死に覚えろってこと。

逆に単語さえ全部覚えてしまったら

大体の問題が解けるようになる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかししかし、

 

 

もしもこの記事を

成績がいい人

もともと英語ができる人

頭が切れる人

が読んでいるとすれば、

この正解の出し方に疑問があると思う。

 

特に、選択肢④の後半部分には

触れてないじゃないかということ。

つまり

後半部分に内容的誤りがあるんじゃないのか

ということ。

 

確かにそうだと思うし

今回の該当箇所の文章の後にも

内容的には大事な部分のつづきが

述べられている。

しかし、その確認って必要?

一文読んで選択肢切ったら

十分じゃない?

 

個人的な意見としたら

良問しか揃えていないセンター試験様が

選択肢の前半に内容の核心部を持ってきて

    後半に内容不一致のものを持ってくるわけない

ということ。

加えて、内容の芯をとらえた

選択肢は他にないので

この選択肢が正解で間違いないと断定する。

 

あくまで俺の解き方は

センター試験は良問しかないことを前提とする。

そう仮定することによって

無駄な思考、無駄な時間を

思いっきり省く。