ネパールデリバリー

『清く、正しく、美しく』がモットーのネパールデリバリーですっ!!民族楽器と独特のリズム感の音楽、ちょっとコミカルで憎めない映画、スターバックスに負けないCafeや、見慣れない品揃えのギョウザセンター、旅行のエッセンスになるローカル情報…など、人生を深く愉しむ文化と、アイテムをお届けします。

引きこもりが営業西日本ナンバー1になった話③

引きこもりがクレジットカードの営業で

西日本でナンバーワンになった話のつづき。

 

第①話はこちらから

www.manjinote.com

 

 

第②話はこちらから 

www.manjinote.com

 

 

 

クレジットカードの営業で1日10枚契約を取るには

どうすればいいのか。

今のところ営業トークはやめた

それでも3,4枚は契約できるようになった。

 

クレジットカードのバイトをしていて

疑問に思ったことは

この仕事は一人行動してやらないといけないのか

ということだ。

 

一人でやるっていうのは強みもあるけど

f:id:manjinote:20170807205438j:plain

いつか天井があると思った。

f:id:manjinote:20170807205441j:plain

やってもないのに

文句を垂れたくなるのが引きこもり時代の俺。

 

チームプレイをするには仲間が必要

一人でやりたくないって言っても

チームを組む仲間が必要だ。

f:id:manjinote:20170807205444j:plain

誰をチームにするかと考えた。

俺が考えたのはフロアのレジのおばちゃん達

 

俺の職場は大きなフロアで

買い物客は1箇所のレジに集まってくる

f:id:manjinote:20170807205448j:plain

最終、お金を取り扱うのはレジだけなので

一番クレジットカードの話をしやすい

でもここで俺がいるとかなり怪しい。

f:id:manjinote:20170807205450j:plain

だからおばちゃん達に営業してもらうことにした。

 

してもらうことにしたって言ったのは

変なバイト君としてレジのおばちゃん達の間では

有名になっていたのだ

数々の歴代バイトを

f:id:manjinote:20170807133742j:plain

第3者の立場から見て来たおばちゃんが

俺のことを変わったバイト君という

レッテルを張っていた。

言い換えれば認識していたということだ。

 

f:id:manjinote:20170807205455j:plain

幸いにも良いイメージを持ってくれていたみたいだ。

 

レジのおばちゃんに直談判

 

レジのおばちゃんは5,6人いて

その中でも先輩後輩がいる。

f:id:manjinote:20170807205459j:plain

狙うは一番力のある先輩のレジのおばちゃん。

 

「あの、お願いがあるんですけど

お客さんが来たらさりげなく

カード持ってますか?って

f:id:manjinote:20170807205504j:plain

聞いて欲しいんですけど」

 

「聞けばいいのねーいいわよ」

 

「いいんですか?もし持ってなかったら

勧めてもらっていいですか?」

 

「いいけど、言いやすいようになんかないの?

ちなみに今はキャンペーンあるの?」

 

 「お買い物500円割引カード配ってるのと、

このカードはお買い物全て3%引きなんで主婦の味方です」

 

「おっけーいいわよ」

 

「おばちゃん、一番先輩のレジですよね?

よかったら他のレジのおばちゃんにも

f:id:manjinote:20170807205505j:plain

同じようなことしてもらえますか?

f:id:manjinote:20170807205504j:plain

一応僕からも一人ずつに挨拶に伺いますが。」

 

「あんた面白いわねー、やってみようね」

 

「その代わり僕は今まで通り

お客さんのお買い物のお手伝いします。

それと、レジが忙しい時には

ラッピングとか

f:id:manjinote:20170807205517j:plain

袋に入れたりとか

f:id:manjinote:20170807205512j:plain

 

できること手伝います。

 

運よく一番古株のおばちゃんが味方になった。

f:id:manjinote:20170807205519j:plain

数日かけておばちゃん全員に挨拶して

お願いをして協力体制に入ってもらった。

 

 

ポンポン契約が取れる

予想以上の数の契約が取れるようになる

f:id:manjinote:20170807205523j:plain

おばちゃん軍団の力を見せつけられた

 

レジでのおばちゃん達のセリフは…

「カード作ったらこの買い物500円引きよー」

「ここでいつも買い物するじゃない?

全部割引されるんだからお得よ」

「あのお兄ちゃんが親切に教えてくれるから」

 

おばちゃん達が送ってくれるお客さんは

f:id:manjinote:20170807205531j:plain

サッカーでいうゴール前のパスだ

しかもキーパーがいないゴール

ボールに足を当てればいいだけの最高のパス。

 

なんでおばちゃんが強かったのか

おばちゃんの営業がなんで強かったのか

おそらく

利益の関係ない第三者っていう存在で

なおかつ

レジのおばちゃんはお客さんに信用があり

安心したし怪しさが激減したんだと思う。

 

しかも

一人でやっていたら手数的に限界なところを

f:id:manjinote:20170807205441j:plain

おばちゃん達はレジに来る全員に

営業をかけてくれた

 

結果は…

簡単に10枚作れた

初めて10枚を超えた日の記録は12枚だった。

社員さんがびっくりしてた。

彼女は意外なことが起こったと嬉しがって

約束していた焼肉のことを気にしていたが

俺にとっては焼肉はどうでもよくなってた。

 

引きこもり生活で生きる喜びみたいなものを

全然忘れていたから

試行錯誤しておばちゃんと協力して

一つの目標に向かって

頑張るっていうのが

f:id:manjinote:20170806041235j:plain

子供の時のワクワク感と一緒だった。

とにかく楽しかった。

 

その後もコンスタントに契約を取る

大体1日最低10枚くらい契約が取れていた。

知り合いに初めて海外旅行に行くっていう

グループがいたので、それだけで

10人くらい1日に取れる日もあって

だから合計20枚の契約が取れる時もあった

しかも海外保険が必要だということで

グレードの高いカードの契約が取れて

社員さんはルンルンだった。

1年でそのカードを作る人なんて数人しかいないのに

1日でそれの何倍ものカードが契約できたからだ。

社員さんにもノルマがあるみたいだったから。

 

月間報告で西日本1位になる

 

f:id:manjinote:20170806203845j:plain

月間報告のミーティングが行われた

自分の代理店では俺がダントツだったので

他の地域はどうなんだろうという疑問はあった。

 

地域ごとの成績を見ると

西日本でもダントツの成績だった。

f:id:manjinote:20170807205533j:plain

2位、3位の人が神戸の店舗の人だった。

山口県のクソ田舎で神戸というキラキラな

ところに勝ったのはかなり嬉しかった

 

なんでこんな成績が取れたのか振り返ってみて

1つ目に

社員さんが怒らずに

放って置いてくれたことで

自由にチャレンジできた。

 

2つ目に

レジのおばちゃん達が

快く協力してくれたから。

 

3つ目に

一番古株のバイトのおばちゃんが

ヒントをくれたから。

 

だと思う。

貴重な体験経験をさせてくれた

みなさんに感謝している。

 

新しいバイトをゲットする

この西日本一の営業成績をとって

焼肉以上のご褒美をゲットした。

それは家庭教師のバイトだ。

仕事先のおばちゃんの娘さんの

家庭教師を頼まれた。

1時間6000円で。

毎日2時間頼まれたので

それだけで

12,000円。

カードが日給4,000円だったので

合わせて16,000円

引きこもりからの復帰早々

滑らかなスタートを切ることができた。

 感謝です。