にゃますて

ネパールの首都カトマンズのグルメを中心にお届けします。



年代物アイロンをモチーフにしたカフェ【FLAT IRON】

アイロンをモチーフにしたカフェ

cat

本格的なお寿司が食べられる日本料理店【こてつ】の入っているアンバサダーホテル内にある開放的なカフェではゆっくり珈琲やデザート、料理が楽しめます。

 

カフェの名前は【FLAT IRON】といって、アイロンをモチーフとしたお店です。

 

店内には古めかしいアイロンたちがディスプレイされています。

 

○○年代アイロン展覧会

赤い取っ手が特徴的で、UFOのような半円の窓が付いているボディ。

 

一体何年前のものなのか、どの地域で使われていたものなのか?

 

少しきになるところです。

 

60年代アメリカって感じでしょうかね?

 

勝手なイメージです。

 

f:id:manjinote:20180302195213j:plain

少しマジンガーZのような、子供心をくすぐるようなデザイン。

 

メタリックなブルーが魅力的ですよね。

 

シンプルな作りのボディも、シワを伸ばすためだけの機能を搭載しただけのようにも感じますね。

 

f:id:manjinote:20180302194940j:plain

明らかに3つの中では古い年代のものだな。

 

あるいは使い込まれたものなんだろうなという感じですね。

 

ボディの凸凹感や鉄の色合いは茶道の茶釜をイメージさせますね。

 

ボディの中間あたりに空間があります。

 

今のように水を入れてスチーム機能があったのでしょうか?

 

f:id:manjinote:20180302194756j:plain

古いものを見ると、昔の人の暮らしに思いを巡らす時間を与えられます。

 

3つしかないアイロンを見ているだけでも、脳みその中で少ないながらいろんな思いが浮かんでは消えていくわけです。

 

カフェでこんな時間を過ごすとは思っていなかったので、昔のアイロンを店内にディスプレイするという考え方は、個人的に好きですね。

 

くり抜きパンにあったかいスープを

こんな食べ方って、欧米を全肯定しがちな日本人にはある種の憧れがあるわけですね。

 

くりぬいたパンをスープにディップして食べる、それだけで様になってしまうわけですね。

 

まあ、そんなミーハーな認識をも楽しみながら食べるのが自分の生き方なので、早速注文。

 

スープの値段に100ルピープラスするとくり抜きパンが可能です。

 

f:id:manjinote:20180302193455j:plain

 

ブロッコリのスープ+くり抜きパン

ネパールでのブロッコリ人気は異常

ネパールはブロッコリを主食に食べてしまうほど人気の野菜です。

 

八百屋さんにいっても、ブロッコリは主力商品なので前衛攻撃のように、アグレッシブにディスプレイされています。

 

そんなブロッコリのスープに期待したわけです。

 

f:id:manjinote:20180302195431j:plain

スープは野生味溢れる豪快さ

スープはブロッコリがそのまま入っているイメージで、ブロッコリの粒が残っていて野生な感じがしました。

 

個人的には滑らかで上品なスープが好みなので、あまり好きではないなという感じでした。

 

くり抜かれたパンの質が......

くりぬいたパンにスープを入れればなんでも美味しくなると思ってしまっていた、さっきまでの自分に言いたい。

 

「ネパールのパン、そもそも好きかい?」

そうだ、ネパールのパンってなんだかパサパサしててあんまり好きじゃない。

 

もちろん美味しいパンもあるにはあるけど、選ばなきゃね。 

 

パンがパサパサだったんです。

 

あのくりぬいたパンにスープを入れたら、全てが美味しくなるという幻想。

 

もちろんあれは、美味しいスープと、美味しいパンが織りなす技であって、どっちが欠けてもその演出は成り立たない。

 

恥ずかしながら、そんな基本も忘れてしまっていた。

 

ネパールでの生活。

 

反省でした。

 

今日のにゃますてポイントは...

65ポイント!!

この料理は、スープとパンのコラボがあまり噛み合っていなかったかなー、という印象。

 

個人的には滑らかなブロッコリスープの方が好みなんです。

 

他のメインメニューも挑戦してみたいですね。

 

カフェとしてはちょうど良い雑踏感があって、作業に集中できる良い作業スポットではあります。

 

メニュー

f:id:manjinote:20180302194419j:plain

f:id:manjinote:20180302194253j:plain

f:id:manjinote:20180302194122j:plain

f:id:manjinote:20180302193954j:plain

 

アクセス

インド発のインスタ映えミルクシェイク【KEVENTERS】

ん、なにやら新店舗が?

Cat

ネパールには珍しい綺麗な広告

f:id:manjinote:20180124003448p:plain

シェイクを作る工場のようなイラストとともに、

「We're almost here」という文字が踊る綺麗な看板を見つけました。

 

ネパールには珍しい綺麗な宣伝です。

 

何か美味しいオーラを感じます。

 

欧米かどこかの国から進出してきたのかなと期待が高まり、

早速中をのぞいて見ました。

 

f:id:manjinote:20180123205915j:plain

 

あと、15日後だよ

中をのぞいてみると、人がぞろぞろいて、まだまだ工事中。

 

いつできるのー?と聞いてみると、

みなさんインド人でネパール語が通じませんでした。

 

こうゆう工事をする人ってインド人が多いのかな?

と思いつつ、英語に切り替えると

「あと、15日もすればオープンできると思うよ、わかんないけど」

とのことでした。

 

ネパールのことだから、もっともっと時間かかるだろうなーと、

それからずっと頭の片隅にあって気にはなっていました。

 

まだだよなー15日経ってないし、と思いつつも、

本日ぷらっと通りかかったらちょうどオープンしていました。

 

ネパールにしては珍しく仕事が早くてびっくりしました。

 

f:id:manjinote:20180123210021j:plain

 

見違えるほどの綺麗な店内

完成した店内は、今風のシンプルな作りです。

 

奥にカウンターがあり、薄型テレビが3台備え付けられています。

 

両脇の液晶はメニューが映っています。

 

センターの液晶にはミルクシェイクの「美味しそうな、そそる映像」が流れていました。

 

f:id:manjinote:20180123195754j:plain

 

 そそる映像って?

こんな写真の感じの綺麗なフルーツなどの素材とともに、

迫ってくるものがあります。

 

この映像見てしまったら、

もうそこで期待がマックスになってしまうほどです。

 

f:id:manjinote:20180124002331j:plain

 

KEVENTERSとは

1925年、インド人のエドワード・ケベンターが、

インドのニューデリーで乳製品を扱った事業を起こします。

 

彼の扱うミルクやチーズやバター、アイスクリームは好評で、

すぐに現地の人々に受け入れられ愛されました。

 

インド国内で次第に成長していき、

ダージリンやコルカタにまで進出するようになりました。

 

同時にケベンターブランドも確固たるものとなりました。

 

一時期はインド軍の食料の粉末ミルクを供給するほどまで成長しましたが、

急に製造元の工場を閉鎖することを命令されてしまいます。

 

それから下火になってしまいますが、細々と経営を続け、

ブランドは死ぬことはありませんでした。

 

2015年に後継者の2人が再生をかけて尽力し、見事復活を果たします。

 

1960年代の20種類を超えるレシピを『クラッシク』として引き継ぎ、

新たなフレーバーである「チョコピーナツバター」

カラフルな「チュッティフルッティ」などを加えて、

フランチャイズ契約で店舗拡大を図り、見事成功しました。

f:id:manjinote:20180124003843j:plain

 

アーモンドコーヒー「ローズ」??

ローズって薔薇だよね?

スタッフと話しながら、なにを飲もうかなー?

と考えていると、

 

テレビの流れてくる映像に

「アイスクリームとコーヒ豆がミキサーでミックスされる」

刺激的な映像が流れてきました。

 

「あー、これうまそう、これちょうだい」

 

「これは新作のアーモンドコーヒーローズと言います」

 

「アーモンドとコーヒーと?」

 

「ローズですよ、薔薇ですバラ。」

 

「おー、バラかー、新しいね、それちょうだい」

 

「はーい」

 

普段なら、文字で「ローズ」と見ればちょっと敬遠して頼まないようなメニューですが、今回は自然な流れに乗ってみることにしてみました。

 

f:id:manjinote:20180123195024j:plain

こんなにアイスクリーム入れるの!?

特別にキッチンの手前まで入れてもらって、

シェイクを作る過程を見せてもらいました。

 

早速、ミックスする大きなガラスの容器に、

バニラフレーバーのアイスクリームをどんどん入れていきます。

 

測りに乗せて重さを見ながら入れていくわけですが、

この量がかなり多いんです。

 

おそらく4スクープくらいは入れていました。

 

f:id:manjinote:20180123195241j:plain

ミルクとフレーバーを追加

縦に重なったアイスクリームの上からミルクを注いでいくと、

アイスクリームの玉たちを伝わって、

ガラスの容器の下の方に移動していきます。

 

そのミルクの動きを見るだけで美味しそうです。

 

そこにコーヒー、アーモンド、ローズのフレーバーを足していきます。

 

映像ではコーヒー豆をそのままミックスしていましたが、

コーヒーフレーバーのソースのようなものを入れていました。

 

f:id:manjinote:20180123195454j:plain

ココアパウダーを追加

アイス→ミルク→フレーバーときて、

最後にココアパウダーを加えて完了です。

 

これからミキサーにかけていきます。

 

これ絶対うまいですよね。


f:id:manjinote:20180123195515j:plain

 

スタッフと歓談しながら、

楽しい雰囲気でシェイクを作る過程を見せていただきました。

 

やっぱりネパール人は心が優しいというか、

一緒に過ごす時間は楽しいんですね、好きです。

 

f:id:manjinote:20180123195541j:plain

自社ラベルの特徴的なビンに注いで完成

ミックスしたシェイクを

器用に小さな口のビンに注いでいきます。

 

いよいよです。

 

期待が高まります。

 

f:id:manjinote:20180123195617j:plain

高級ミルクシェイク

新たな感覚のシェイクで、

コーヒーとアーモンドの香りが初めに上がってくるのですが、

ローズのフレーバーが口の中に広がり、

それが残って爽やかさを演出します。

 

かなりうまし。

 

スタッフも僕の顔を見て満足そうでした。


メニュー

テレビに映るシェイクの映像がそそる

メニューはレジの上のテレビに映されています。

 

シェイクを作っている過程の「うまいCM」が他の液晶に流れているので、

チラ見して決めてもいいかもしれません。

 

かなり綺麗な映像で、

「すげー、やるじゃん!!ネパールでもこのレベルの映像が作れるんだ!!」

と感心しました。

 

プロの仕業です、これは。

チョコチップシェイクとストロベリーシェイク

f:id:manjinote:20180124002534j:plain
f:id:manjinote:20180124002342p:plain

3つのカテゴリー

  1. THICK→アイスクリームがベースのシェイク、スタバのフラペチーノのようなヘビーさがある
  2. CLASSIC→60年代の復興版で、ミルク主体のライトな飲みごたえ
  3. FRUITY→フルーツをふんだんに使ったシェイク

 

f:id:manjinote:20180123200132j:plain

オレオチョコレートシェイク

気になったのはこの写真。

 

積まれたオレオ、山盛りのチョコレート、

そして今にも溶けそうなここぞとばかりの純白のバニラアイス。

 

f:id:manjinote:20180124003402j:plain

スモールとビッグかを選びます

小さいのでいいかなーと思っていましたが、

ここはスタッフの意見を聞いてみると、

「大きい方が絶対うまいですよ、香りも楽しめて」

 とのことでした。

 

彼の意見の通りビッグを選びました。

 

正解でした。

 

写真は左から、

ビッグ、ビッグ、スモールです。

 

飲んだ後はビンも持って帰ることができます。

ネパールだったら、牛乳入れとかに重宝しそうです。

 

f:id:manjinote:20180123195703j:plain

 

ディスプレイに自社ラベルの入ったビン

大量のビンが店内に飾られていました。

 

ただのビンでもディスプレイとして成り立っているなと思いました。

 

f:id:manjinote:20180123195732j:plain

 

今日のにゃますてポイントは......

90ポイント!!

 

スタバをも凌ぐ勢いのシェイク屋さんで、最先端のシェイクを楽しむのはいかが。インスタ映えすることは間違いなし。おしゃれなビンも、おしゃれなリユースができそうですよね。

アクセス

 

オリジナルミルクシェイク【KEVENTERS】は、

タメルに入って一番初めの交差点を左折して、

アムリトマーグを徒歩1分で左側に見えてきます。

 

地図上にはありませんが、

ポイントを目指していけばすぐに見つかると思います。

 

f:id:manjinote:20180123195928j:plain

 

シェイク屋さんはカトマンズのシビルモールなどにも店舗展開していて、

これで3店舗目だそうです。

 

タメルが充実して個人的にはかなり嬉しいなという印象でした。

 

お昼下がりのティータイムにぴったりのお店です。

 

美味しいミルクシェイクと若いお兄ちゃんたちが温かく迎えてくれます。

 

 

陽気なニーナさんと冷・熱なアップルクランベリー【Nina's Cafe】

気さくなニーナさんとカウンターのデザート

Cat

様々なケーキがカウンターに並ぶ

店内のカウンターに、

毎日数種類のケーキ屋スイーツが並びます。

 

アップルクランベリーと、

チョコレートケーキが並んでいました。

僕「スイーツが美味しいと伺ってよさせていただきました。」

 

ニーナさん「あら、そう?嬉しいわ。今日のオススメはアップルクランベリーよ。」

 

僕「アップルクランベリーですか、どんな感じですか?」

 

ニーナさん「あら、じゃあこっちへきて、見せてあげる」

気さくなニーナさん

 店内のスタッフで明らかに一人だけネパリーじゃない、

欧米人のスタッフがニーナさん。

 

店舗の名前も「ニーナさんのカフェ」ということで、

彼女がオーナーさんです。

 

かなり気さくで陽気な方です。

 

テーブル席からカウンターの方へ招かれました。

ニーナさん「これよー。美味しそうでしょ?」

 

僕「はい、これはそのままスプーンで食べる感じですか?」

 

ニーナさん「そうよー。でももう一度温めて、上にアイスクリームを乗せて食べるのがオススメよ」

 

僕「聞いただけで美味しそうですね、そうしてください」

f:id:manjinote:20171229021330j:plain

 

ゆったりしとした雰囲気

広々とした空間

店内は欧米のカフェのようで、カウンター席とテーブル席が多くあり、

テラス席もあってお昼時には多くの方が外で食事をされてました。

 

カウンター席には、届かない足をぶらぶらさせて

3人の可愛い子供達がアニメを食い入るように見てました。

 

ほっこりしましたね。

 

f:id:manjinote:20171229021345j:plain

 

ニーナさんのコレクション

店内にはニーナさんが集めた雑貨や小物などの

コレクションが展示されています。

 

日本やネパールではあまり見ないような、

可愛いアイテムが多かったです。

 

ショーケースの中には、

ホームメイドのポートやアクセサリーなどが販売されていました。

 

f:id:manjinote:20171229021334j:plain
f:id:manjinote:20171229021343j:plain

 

アップルクランベリー(600Rs)登場

重なるようなアイスクリーム

勝手にアイスクリームは丸い形で来るだろうと思っていたので、

初めてみる形で少し驚きました。

 

花びらのように、

薄いアイスクリームが4層になって重なっていました。

 

アイスクリームはさっぱりとしたバニラフレーバー。

 

f:id:manjinote:20171229021346j:plain

 

熱々のアップルクランベリー

再度あたためられたアップルクランベリーは

透明な容器のサイドから様子を見ることができます。

 

先ほどはハードな見た目でしたが、

熱を加えたことによってリンゴが溶け出して

容器の下の方にジュースが少し溜まっています。

 

f:id:manjinote:20171229021318j:plain

 

サクサク&しっとり、そしてアツアツ&ひんやり

表面のクランベリーの食感はサクサク、カリカリです。

 

中の方はしっとりと少し濡れていて、りんごの甘みが出ています。

 

内部の温度はアツアツで、

やけどするんじゃないかっていうくらいです。

 

上に乗っているアイスと一緒に

温度を調節しながら食べるといいと思います。

 

口の中で、温度が冷たくなったり熱くなったりして、

温度変化を楽しむことができます。

 

表面のカリカリと

内部のしっとり感の変化も楽しむことができます。

 

f:id:manjinote:20171229021327j:plain

 

他にも魅力的なメニューがいっぱい

ニーナズカフェはハンバーガーやステーキなどの欧米メニューが豊富です。

 

隠れたデザートメニューでは、

チーズケーキやブルーベリーケーキも美味しいそうです。

 

他のケーキも食べて見たいなと思っています。

 

美味しい時間を、ありがとうございました。

 

今日の『にゃますてポイント』は

91ポイント

アップルクランベリーのうまさは格違いでした。口の中での変化が、自分の感覚を研ぎ澄ましてくれるようでした。店内は広く、アメリカの昼下がりのような感覚になりました。ニーナさんはフレンドリーで、彼女の陽気な雰囲気が店内にも流れています。タメルからはバスで15分くらいです。

Cat


アクセス

ラジンパットの日本大使館を越え、

米国大使館の手前の通りにあります。

 

丸い小さな看板が目印です。

 

大きな駐車場もあります。

若い女性の間で人気爆発チョコレートモモ【モモクイーン】

チョコレートモモってなんだ

Cat

 

「チョコレートモモなるものがある」という噂だけ聞いて、

気にはなりつつ店を何度か通り過ぎました。

 

夕方に女子高生が出入りするのをよく見かけました。

 

モモといえばネパールの国民食で、

1にも2にも3にもモモを愛しています。

 

ネパール式ギョウザなわけですが、

もちろん皮の中身は、

バッファローだったりチキン、ポークなど種類は変われど「肉」

 

チョコレートモモというくらいなんだから、

モモの中身は「チョコレート」なはず。

 

f:id:manjinote:20180110231756p:plain

 

デザートモモ

チョコレートモモというのは、

デザートモモという分野に入るらしいです。

 

普通は塩辛い料理に、スイーツ要素を加えたもの。

 

パイナップルやりんご、みかんなどのフルーツ系や、

チョコレートソースやキャラメルソースなどのソース系、

またはアイスクリーム等を乗せた

デザートピザのような存在なんでしょうか?

 

原宿などでありそうな発想です。

 

f:id:manjinote:20180110231345p:plain

 

やっぱりターゲットは女子高生?

店内入ると、ほんわかした雰囲気

 

ピンクなどのパステルカラーの椅子やテーブル、

カラフルなクッションに飾られた絵など、

どこかのスイーツのお店にきたような感覚になります。

 

f:id:manjinote:20180110230227j:plain

 

「チョコレートモモがあるって聞いてきたんだけど」

「チョコモモがあるって聞いてきたんだけど」

 

「いらっしゃいませ。ありますよー」

 

彼らはモモらしきものを手元でコネコネと作りながらこちらを見ている。

「それがチョコモモ?じゃないよね?」

 

「ハハハ、これはチョコモモじゃないよ、これだよ」

 2人のうち一人が手を止めて、

背後にあった冷蔵庫の扉を開けて、

チョコモモを僕に見せてくれた。

 

f:id:manjinote:20180110230228j:plain

 

バラ?でかくない?

冷蔵庫から出てきた銀のバットには

小さなみかん程の大きさのモモが並べられていました。

 

バラの花びらが表現されていて、

明らかに異様な雰囲気を纏っています。

 

f:id:manjinote:20180110230156j:plain

 

下半分はチョコで満たされている?

花びらの根元の方は、皮から透けた黒い物体

そうチョコレートが見える。

 

ただの爆弾にしか見えない。

 

f:id:manjinote:20180110230204j:plain

 

1つ70ルピー

「1つ70ルピーだけど、何個にしますか?」
「おー、何個って笑 結構でかいし、味もわかんないし1個ください」
「1個だけ?大丈夫?」
「大丈夫、ご飯食べてきたから」

 

1個単位でチョコ爆弾は取引されています。

 

製法は一般のモモと一緒のスチーム

チョコモモだからと言って、何か特別な製法があるわけではないようです。

普通のモモと一緒で、銀色のスチーマーに入れて蒸していきます。

 

f:id:manjinote:20180110230224j:plain

 

いよいよチョコモモ登場

5分くらいすると

チョコモモが蒸しあがって出てきました。

 

f:id:manjinote:20180110230251j:plain

 

予想以上にチョコチョコしてる

バラの花びらのようにしなやかな皮の上に、

大量の追いチョコです。

 

追っかけチョコです。

 

ふんだんに、チョコレートソースがかかっております。

 

f:id:manjinote:20180110230247j:plain

 

皮の中身はチョコレートあん

テーブルの上のフォークでチョコレート爆弾を攻撃。

 

卓上のフォークだけでは歯が立ちません。

 

もはやナイフが必要なぐらいの勢いです。

 

フォークをさして、「ぱくっ」といけるような大きさではありませんよ。

 

かなりでかいんです。

 

フォークで格闘しながら中身を確認することに成功。

 

中身は、硬めのチョコレートのあん

 

上にかかっているソースとは違って

中から溢れ出るようなことはなく、

皮の中にひっそりと、そしてどっしりと構えています。

 

f:id:manjinote:20180110230318j:plain

 

意外と成立してる

ぎょうざの皮を想像していましたが、

チョコレートとコラボすることで「皮」というよりは、

「クレープ」のような食感に近い感じがしました。

 

何層にもなる花びらの食感と、

滴るチョコレートソースとチョコレートあんのコンボがあいまって、

一つの世界観を作り上げています。

 

「うまいか?」と聞かれれば、正常な評価ができない、というのが本音です。

 

とにかく甘いんです。

1個食べたら、苦いお茶や辛いもの、しょっぱいものが食べたくなります。

 

友達とおしゃべりしながらお茶をするには、

チョコモモもいいかもしれないですね。

 

女性の方はぜひトライして見てはいかがでしょうか。

 

ぜひコメントください。

 

もう一つのデザートモモ

『クワモモ』なるものがあります。

 

ミルクが入っているとのこと。

 

次回の課題ですね。

 

チョコモモの値段のところの単位が『ピース』なのに、

クワモモの単位が『ボウル』となっているところが、

謎のモモのヒントですかね。

 

すごいのが出てくる予感がしますね。

 

どうしますか、ボウルに入った大量のモモが出てきたら?

 

f:id:manjinote:20180110230234j:plain

今日の『にゃますてポイント』は

85ポイント

ネパールの若い女性に大人気のスイーツモモ。チョコレートモモは新たな感覚のモモです。モモを愛するがゆえに生まれてきた次世代食品ですね。チョコレートオンザチョコレートなので激甘です。モモっていう名前じゃない方がいい気はしますが…。

Cat

 

アクセス

タメルから歩いて10分程のアンバサダーホテルの横にあります。

 

アンバサダーホテルはお寿司や【こてつ】が入っているホテルで、

ラジンパット地区の入り口の大きなホテルなので、わかりやすいかなと思います。

 

f:id:manjinote:20180110230306j:plain

 

大都会のリスさんと遊ぶ庭園カフェ【Kaiser Cafe】

夢の庭園のカフェ

cat

 

タメルの入り口にある【ガーデンオブドリームス】という

通称『夢の庭』という庭園の中に

併設されているカフェ【Kaiser Cafe】をご紹介します。

 

庭園とリス

カフェの特徴はキレイな庭園の中にあり、

喧騒を逃れ、自然と共に

ゆっくりとした時間を過ごすことができることです。

 

運が良ければ

庭園内で遊んでるリスたち

に出会えます。

 

上空から「きっ、きっ、きっ」という鳴き声が

テラス席でゆったりとしていると、

頭上の方から、リズムのよい何かを叩くような音が聞こえてきました。

 

「あれ、鳥でもいるのかな?」と上を見上げて見ると、

そこには大きな大きなヤシの木がありました。

 

木の根元から、ゆっくり視線を舐めるように

ゆっくり注意深く観察しながら見上げました。

 

地上10メートル付近に小さな小動物がいました。

 

大きな丸みを帯びた尻尾をみて、すぐにリスだとわかりました。

 

f:id:manjinote:20180102001824j:plain

 

お利口なリスさん

リスさんを見つけて、急いでカメラの準備。

 

お利口でその場を動かずに待っていてくれました。

 

撮られることを待ってくれる、もはやアイドルです。

 

f:id:manjinote:20180102001849j:plain

 

こっちを見ている、か、可愛い

カメラを向けるとこっちを向きました。

 

ずっとこっちを見ています。

 

かわいいアイドルです。

f:id:manjinote:20180102002202p:plain

 

夕日に当たって、綺麗

リスさんを見つけたのはちょうど夕方で陽の落ちる直前

 

夕日がリスさんを照らして、

なんだかすごく躍動感や哀愁を感じます。

 

こちらに向かって何か言ってます、

カメラに怖がっていたのかもしれないですね。

 

f:id:manjinote:20180102002333p:plain

 

リスさんが見られるのはテラス席

白いテントのテラス席の側には

ヤシの木バナナの木などのリスさんの住処があります。

 

奥の白い壁や、地面にも降りてきてリスさんたちは戯れます。

 

よかったらリスさんたちに会えるテラス席をオススメします。

 

f:id:manjinote:20180102001914j:plain

 

田舎のおばあちゃん家で出てきそうな哀愁アップルパイ

 

8角形の白いお皿に、

小ぶりのマフィンにも見えるアップルパイがちょこんといて、

その上にバニラアイスが乗ってます。

 

f:id:manjinote:20180102001800j:plain

 

アップルパイは暖かくて、

アイスクリームの下の部分は

少しずつ溶けていっています。

 

白いパウダーが雪のようで、

アイスクリームが雪だるまのようにも見えます

 

f:id:manjinote:20180102001801j:plain

 

生地はマフィンのようにふわっと柔らかくて

中からりんごの砂糖煮のような甘酸っぱい香りがします。

 

パイ、というよりも

マフィンのような印象を受けました。

 

冷たいアイスと、温かいパイの

温度の行ったり来たりを楽しむことができます。

 

f:id:manjinote:20180102001805j:plain

 

他のメニュー

気になる『神のハンバーガー』

なにやら怪しげな名前のメニュー。

 

『GOD』という単語を使うなんて、

【ガーデンオブドリームス】ならではのメニューです。

 

気になりますね、今度ぜひ食べてみたい。

  • ゴッド クラブ
  • ゴッド ベジ バーガー
  • ゴッド ダブル デッカー バーガー

f:id:manjinote:20180102001814j:plain

 

ショーケースのケーキたち

お店の入り口にケーキのショーケースがあり、

様々なケーキをみることができます。

 

チョコ系、ショート系、フルーツ系など

気分に合わせてチョイスできます。

 

f:id:manjinote:20180102001739j:plain

 

庭園内に広がる様々な席

リスの見れる白いテントのテラス席の他にも、

店舗はかなり大きくて様々な席が準備されています。

ギリシャっぽい建物の中にある席

f:id:manjinote:20180102001754j:plain

 

店内のソファー席

f:id:manjinote:20180102001741j:plain

 

開放的なベランダ席

f:id:manjinote:20180102001847j:plain

 

蔦席

f:id:manjinote:20180102001938j:plain

 

今日の『にゃますてポイント』は

91ポイント

都会のど真ん中で、リスさんに会えるなんて癒しですね。カトマンドゥの喧騒をさけて、庭園でゆったりとした時間を過ごすなんて優雅ですね。カフェだけの利用はできないのでご注意(入場料200ルピー)。都会の中のひっそりとした異世界でゆっくりとした時間を過ごすのはいかが。

Cat

アクセス

 

タメルの入り口にある白い高い塀に囲まれた庭園内にあります。

 

ちょっと特殊で、庭園の入場料200ルピーを支払わないと、

カフェにはアクセスできません。

 

様々な木々や花々を楽しみながら、

ふらっと寄ってみてはいかがでしょうか。

 

入り口

f:id:manjinote:20180102011139j:plain

 

様々なデザインのラグ(入り口側の壁)

f:id:manjinote:20180102011140j:plain